top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

エンゼルス3選手トレードで、大谷翔平頼りの “ブラック球団化”…いちばんの危険は「過労でケガ」

SmartFLASH

 今回のトレードは、エンゼルスにとって戦力補強というより、経費削減の意味合いが強いのでしょう」(現地紙記者)

 

 結果的に、今回のトレードではエンゼルスは “売り手” になった。そこで不安視されるのが、大谷のケガだ。

 

「浮いた予算で、大谷をなんとか引き留めたいと考えているのかもしれません。しかし、なかなか勝てないエンゼルスが、さらに戦力を削ったことで、大谷にのしかかる負担は増えるでしょう。

広告の後にも続きます

 

 ただでさえ2刀流という前人未踏のスタイルで試合に出続けているのに、エンゼルスはますます “大谷頼り” の姿勢です。

 

 大谷は、途中降板を嫌がるなど、とにかく試合に出たがるタイプ。むしろ監督やチームが大谷の体を慮って、“待った” をかける必要があります。

 

 しかし、今後は戦力不足からチームがそうしたブレーキを利かせられなくなる。過労でケガをする可能性がいちばん心配です」(同)

 

 来季こそは “ブラック球団” から逃げ出してほしいものだが……。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル