top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

コンテナに40日間…大西洋横断生き抜いた犬、パナマで探知犬に

時事通信ニュース




【パナマ市AFP=時事】スペインから中米パナマに到着した空のはずの輸送コンテナを開けて、港湾労働者は驚いた──。≪写真はパナマのトクメン国際空港で探知犬として訓練を受ける「ミリ」≫
中には1匹の犬がいた。アンダルシア州から40日間、コンテナに閉じ込められたまま生きて大西洋を横断してきたのだ。
やせ細ったキャラメル色の犬は1歳程度とみられ、脱水症状を起こし、全身あざだらけだった。
その後数か月にわたるリハビリと訓練を受け、今はパナマ農牧開発省(MIDA)で探知犬として働いている。
同省動物衛生課のセシリア・デエスコバル氏は「犬がどうやって(コンテナに)入ったのか、どうして見つからずにいたのか、分かりません」と語る。「40日間も水も食べ物もなくコンテナの中にいて、どうやって生き抜いたのでしょう」
コンテナを載せた船は、昨年12月に20日間かけて大西洋を渡ってパナマに着くと、その後さらに20日間、蒸し暑い港に係留された。
「コンテナの一部は腐食していて、そこに小さな穴がありました。おそらく前足で穴を開けて雨水を飲んでしのいだのでしょう」とデエスコバル氏。
移動中も係留中も降水量は十分あった。

■奇跡の犬
コンテナから見つかった犬はパナマ市へと運ばれ、そこで獣医師らの手当てを受けた。
獣医師でMIDAの探知犬担当者のウーゴ・トゥリラチ氏は、発見当時の体重は4キロだったと話す。
「こんなに長く生き延びることができたのは奇跡です。だから『ミラグロス(奇跡の意)』、略して『ミリ』と名付けました」
トゥリラチ氏は、コンテナに入り込んでしまったときのミリの健康状態がよく、体脂肪が十分だったため何とか生き延びたとみている。
しっかりと体調を戻した現在、ミリの体重は12キロとなり、状態も極めていいという。

■探知犬に
空だったはずの輸送用コンテナの中から発見されて5か月間、しっかりと健康を取り戻したミリはMIDAの探知犬となるための訓練を受けた。
ミリが所属するチームは、パナマ市の国際空港に配備された。入国者が持ち込む荷物から生鮮食品を見つけ、国外から病気が入って来るのを阻止するのが主な仕事となっている。
「ミリは探知犬に必要な性質を兼ね備えています。人懐こいこと、人に対して穏やかなこと、食欲が旺盛なこと、そして遊び好きなことです」と訓練担当官は言う。
MIDAのデエスコバル氏は、「誰にでも人生の目的があると言われますが、ミリにとっては、パナマに迎えられて、わが国に大きな貢献をすることだったのかもしれません」と話した。【翻訳編集AFPBBNews】

TOPICS

ジャンル