top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

今話題の軽の電気自動車を徹底解説!その実力とはいかに!

Ancar Channel

現在、世界各国で脱炭素社会の動きが増しています。その中には車もはいっており、ガソリンやディーゼルエンジンの車から、ハイブリッドや水素、電気自動車へと切り替わっていっています。今後は、新車全てが電気自動車へと変わっていくでしょう。

日本でも電気自動車は既に販売されていますが、軽自動車の電気自動車はまだ数が少ないのが現状です。そこで今回は、軽自動車の電気自動車について徹底解説していきます。日本特有サイズの軽自動車ですが、電気自動車となった軽の実力はどれくらいのものか解説します。

軽の電気自動車に興味がある方は必見です。

軽の電気自動車

現在、軽の電気自動車は、数種類の販売となっています。2009年の三菱i-MiEVから13年を経て、新しい軽自動車の電気自動車(EV)が、日産サクラと三菱eKクロスEVとして発売されました。軽自動車の代表格のダイハツとスズキは、2024年や2025年を目処にそれぞれ軽の電気自動車を発表するとしています。

軽の電気自動車の特徴

軽の電気自動車の特徴は、軽自動車のコンパクトさや取り回しのしやすさです。従来のガソリン車と同じように運転することができます。「ちょっとそこまで移動する」「近場まで買い物に行く」など、軽自動車ならではの使い方もできます。今まで乗り慣れてきたガソリン車と近い感覚で運転できるので、日常生活を快適に過ごすうえでとても役立つでしょう。

広告の後にも続きます

電気で走る電気自動車は、ガソリン車と比べて環境に良いのが最大の魅力です。ガソリンを燃やすと二酸化炭素(CO2)や環境汚染物質の窒素酸化物(NOx)などが発生し、排ガスとして車外に排出されます。しかし、電気自動車は排気ガスが発生しないため、地球にも人にも優しい走行が可能なのです。

特に軽自動車は、街乗りが中心になることが多いので、街中の空気汚染を防ぐことにも役立ちます。電気モーターはガソリンエンジンと比べてエネルギー効率も良いため、効率の良い運転ができる点も特徴です。

続きを読む
 
   

ランキング

ジャンル