top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

初めて行く場所も、これなら安心…視覚障がいの方、期待のアプリ「EYECAN」開発秘話 ポイントは自動運転技術【後編】/ZMP社長・谷口恒さんに聞く

J-CAST会社ウォッチ

「視覚障がいの方が、初めていく場所でも一人で歩ける世界を実現したい!」

自動運転技術やロボット開発で存在感を発揮してきたZMP(東京都文京区)が、視覚障がいの方向けの歩行サポートアプリ「EYECAN(R)(アイキャン(R))」を開発して話題を集めている。

障害物を検知して音声で知らせ、GPSより精度の高い位置情報を用いて目的地まで正確にナビゲートするという「EYECAN」は2022年9月にベータ版を先行リリースし、年内のサービス開始を目指している。

そんな注目のアプリの開発秘話について、ZMP代表取締役社長の谷口恒(たにぐち・ひさし)さんに話をうかがった。

筑波技術大学のメンバー「おもしろそうだ」!

初めて行く場所も、これなら安心…視覚障がいの方、期待のアプリ「EYECAN」開発秘話 ポイントは自動運転技術【前編】/ZMP社長・谷口恒さんに聞く>の続きです。


「EYECAN」のイメージ画像(プレスリリースから)

――前回を振り返ると、ZMPの強みである自動運転技術が、視覚障がいの方の歩行サポートに転用できることに着目した、というお話でした。その後、「EYECAN」のプロジェクトはどのように進んでいったのでしょうか。

谷口恒さん「まずは社内のエンジニアに相談したところ、技術的にはできそうだ、とわかりました。また、面識のある視覚障がいの方に話すと、そこでも好感触でした。
一方で、本格的に開発するには、実際のユーザーとなる視覚障がいの方の意見も取り入れたいと考えていました。そこで、一緒に取り組める人、できれば研究機関と協働したいと検討していたところ、人づての紹介で筑波技術大学のメンバーと知り合いました。協働が始まってからは、アプリのユーザーインターフェイスに関してアドバイスをいただいています」

広告の後にも続きます

――谷口さんのアイデアやコンセプトを筑波技術大学のメンバーに話したときの反応はいかがでしたか?

谷口さん「最初のウェブ会議では、みなさん、『おもしろそうだ』と言ってくださって、ぜひ一緒にやりましょう、と話が進みました。アイデアはもちろん、ZMPの自動運転技術に対して『それだけの技術があれば』と手ごたえを感じてくれました。
いま、視覚障がいの人は、歩くときは必ず、スマートフォンの音声案内を聞いているそうなので、スマートフォンで利用できるのは魅力的だったようです。もっとも、GPSを活用した既存のナビゲーションアプリでは誤差があるなど精度に課題があります。『EYECAN』の場合、ZMPの強みでもある自動運転用の高精度三次元デジタルマップ(=RoboMap(R)(ロボマップ))と、自己位置推定の技術によって、より正確なナビゲーションができるのです」

認知、判断、操作をスマートフォンで

――自動運転の技術について、もう少し教えてください。

谷口さん「そもそも自動車の運転には、教習所でも習うように、認知、判断、操作の3つのプロセスがあります。自動運転の場合、センサー等を使って、障害物の有無など周囲の環境を『認知』する。障害物があれば避ける、信号が赤なら止まるなどを『判断』する。そして、『操作』では、人間がブレーキを踏む代わりにモーターによってタイヤを止めています」



「EYECAN」の使い方のイメージ
谷口さん「『EYECAN』では、いわばこうした3つのプロセスの制御をスマートフォン(iPhone)でおこなうことで、目的地まで正確にナビゲートします。
歩行時の『認知』はスマートフォンのカメラやLiDAR(ライダー)スキャナ(※)が行い、『判断』はスマートフォン本体のCPUやクラウド上の機能を利用します。
そして、人間を行きたい方向にガイドする『操作』では、言葉(音声)で指示を出して、耳で道案内を聞けるようにしているのです(技術的には、高精度三次元デジタルマップをデジタル基盤に用いて、ナビゲーションをおこなっています)。
ちなみに、自動運転(ロボット)では、リアルタイムで細かい指示を出して、ブレーキを段々にタイヤにかけるなど、複雑な仕組みになっています。今回は、自動車とは異なり、人間に合わせた制御が必要でした。また、スマートフォンに搭載された限られたセンサーなどの装置を使って機能させることなどが、開発上の難しかったところです」

(※)初期段階では、LiDARスキャナ機能が搭載されているiOS端末(iPhone13 Pro、iPhone12 Pro)が対象端末となる。


――「EYECAN」は2022年9月にベータ版を先行リリースし、年内のサービス開始を目指しています。

谷口さん「視覚障がいの人は行き慣れたところであれば――道順を覚える努力あってのことですが――白杖を使って行くことができるものです。しかしそれでも困るのは、信号。『EYECAN』は、安全に横断歩道を渡れるよう、信号認識機能を搭載しています。9月の先行リリースでは、とくに利用意向が高かった信号認識機能を搭載するベータ版が登場します。この機能をまずは体験してほしいと思います。
また、みなさんが願う『初めての場所に行きたい』という思いに対しても『EYECAN』でサポートしていきたい。そのためには、対象エリアのマップデータを取得し、デジタル基盤(高精度三次元デジタルマップ)を整える必要があります。『ラクロ』『デリロ』の導入場所ではすでにこれが整っていて、年内のサービス開始時は『EYECAN』をフル機能で利用できる予定です。一方で、『EYECAN』がどこでも使えるよう、そのインフラを全国で広められたらと思います」

まずは自分が輝いて…「一隅を照らす」を胸に

――ありがとうございます。インタビューの締めくくりとして、最後はちょっと角度を変えた質問をさせてください。J-CAST 会社ウォッチの読者層のボリュームゾーンが30代、40代です。この世代に向けて、キャリア/働き方へのアドバイスや、エールをおくるとしたら?

谷口さん「自分もそうでしたけれど、30~40代の中堅の頃は、一番悩みがちな時期だと思います。2つ、アドバイスがあります。ひとつは、心のケアを大事にしてほしい。『心技体』のうち、『心』がやられてしまうことって多いと思います。心と体は、密接に結びついているものです。好きなものを適度に食べて、十分な睡眠をとって、心をなるべく平静に保ってほしい。これは、自分で保つように意識しないと、意外とできません」

谷口さん「心を平静に保つ方法として、オススメは瞑想です。うちの実家は天台宗のお寺でね。私も大学時代に修行したし、数年前に阿闍梨(あじゃり=弟子たちの模範となる高僧の敬称)の資格もとりました。
だから自分は、心は強いほうだとは思うけれど、それでも出張を入れすぎて体が疲れているときに、心に負荷がかかるような出来事が起こると、やっぱりしんどくなるものです。そういうときは、瞑想です。
30分くらいできるといいですが、慣れていないと5分もできないでしょう。まずは10分を目指して、慣れたら時間を伸ばしていくといいと思います。
心のケアをして心が安定していると、仕事でいいアイデアが浮かんでくるものです。そういう意味でもぜひ、『心』には注意を払ってほしいと思います。

――もうひとつは?

谷口さん「好奇心を持ち続けてほしい、ということです。30代、40代ともなると、社会に流され、日常の仕事をこなしていくうちに、好奇心を持ち続けることが、難しくなってしまいがちではないでしょうか。
そうならないで、好奇心を持ち続けるには、『観察力』が大事だと思います。たとえば、通勤のときは、周りを見回して『人間ウォッチング』をしてもいいと思います。休みの日は、自然に触れて観察するのもいいですね。観察力が高まれば、好奇心は高まり、いろんなことに興味が持てるものだと思います。
日常に流されたっていい、週末は趣味に生きるから――そういう考えもありますが、やっぱり人生の大部分の時間を過ごす仕事が楽しいほうがいい。仕事を面白くするためにも、観察力を高め、いろんなものにアンテナをはる。そうすると、他の人が気づかないものに気づき、仕事でユニークな企画をつくれるようになるのではないでしょうか」
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル