top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

一般人の二次創作イラストを勝手に景品に? コレコレ、権利無視の屋台の“闇”に迫る

yutura

その後ようやく責任者と電話が繋がり、責任者の正体は個人経営の会社の社長だと判明します。社長は、グッズは「知り合いの知り合いの、その先くらいのよくわかんない人」から仕入れたものと説明。社長はコレコレの求めに応じ、祭の終了後、数時間経って現場に現れました。

社長は「カメラ止まったら全部言います」「都合悪いことあるんで」と発言し、著作権とは「別の問題」があると説明。今回の問題については「コロナで仕事がなくなって」「本当に僕のミスです」と話し、生活苦のため、しっかりと確認をせずに商品を仕入れてしまったと釈明しました。コレコレは「普通はありえない」「連絡先知らない人とビジネスするって」とコメント。社長は自身の非を認めて、もう二度としないと約束しました。

カメラを止めた後、社長から「別の問題」について話を聞いたというコレコレと猫。仕入れ先を特定しようとすると、「反○に近づいてしまう」「結局多分反○っぽい人達なんだろうね」と“祭りの裏側”について考察しました。
さらには、社長から「こういう動画取るのはいいけど、ガチでやばい人もいるから」「選べよ」と逆に心配されたとことも明かしています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル