top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ONE PIECE』ウタの存在が本編に介入!? 1055話に登場で後付け設定が正史へ…

まいじつ

『ONE PIECE』102巻(尾田栄一郎/集英社)

8月6日に全国公開される新作劇場版『ONE PIECE FILM RED』。同作に登場する「ウタ」と思われるキャラクターが、8月1日発売の『週刊少年ジャンプ』35号に掲載された『ONE PIECE』第1055話に描かれていたようで、大きな反響を巻き起こしている。

【関連】アニメ『ONE PIECE』が原作無視!?「ドラゴンボール化」したバトルが大不評ほか

※『ワンピース』最新話の内容に触れています

前回、ワノ国にやってきた海軍大将「緑牛」。彼は麦わらのルフィを引き渡すよう要求し、侍たちと戦いを繰り広げていた。そして第1055話『新時代』では両者の戦いに、シャンクスが介入する。

シャンクスはワノ国に上陸こそしないものの、覇王色の覇気によって遠隔で緑牛を攻撃。モモの助が龍の体を使いこなし始めたこともあり、分が悪いとみた緑牛は、ルフィの首を諦めてワノ国を後にするのだった…。

そんな一連の展開のなかで、目を引いたのはシャンクスが啖呵を切るシーン。緑牛が“新時代”の若者を恐れていることを煽りつつ、幼いルフィ、モモの助、ひより、そして謎のシルエットの人物を思い浮かべていた。

広告の後にも続きます

謎のシルエットをめぐり、読者の間では《ウタちゃんらしきシルエットおるね!?》《新時代発言のところのシルエットって絶対ウタちゃんよな! ワンチャン本誌にもしっかり出てくる!?》《ウタちゃんのシルエットだよね。本編にも重要な役どころで出て来るのかな》といった反応が相次いでいる。

“後付け”が正史になることは確定?

たしかに、シルエットには輪っかのようなものが描かれており、現在公開されているウタのビジュアルを連想することは難しくない。さらに今回のエピソードはサブタイトルでも「新時代」というワードを採用しているのだが、これは『ONE PIECE FILM RED』の主題歌であるウタの楽曲と同じ名前だ。謎のシルエット=ウタ説は、かなり信憑性が高いと言えるだろう。

だとすれば、ウタはたんなる劇場版のオリキャラではなく、本編に絡んでくる重要人物となるのかもしれない。過去にも劇場版のオリキャラが本編に登場する例はあり、『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』における金獅子のシキがそうだった。

そこで一部のファンからは、《これで完全に映画パラレルではなく、公式の時系列に存在するキャラであることが確定したわけですが…》《ウタが無限月読的なものではなく実在していることが確定した?》といった反応も。どうやらウタの存在が“正史”となることが、ちょっとした波紋を呼んでいるらしい。

劇場版の先出し情報によって、ウタは「シャンクスの娘」であり、始まりの地であるフーシャ村にも存在したことが明かされていた。そうした後付けをめぐり、パラレルワールドや、ウタの能力による“記憶改変”の可能性なども疑われていたが、その可能性はほぼ否定されたことになる。

後付け設定を嫌う原作ファンには悲報かもしれないが、ウタがどんな存在として描かれるのか、「FILM RED」には興味が尽きない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル