top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『初恋の悪魔』今期ドラマで最下位…視聴率3%連続に「打ち切りコースかな」

まいじつ

林遣都 仲野太賀 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

7月30日、林遣都と仲野太賀がダブル主演するドラマ『初恋の悪魔』(日本テレビ系)の第3話が放送された。相変わらず悲惨な視聴率で、ファンからため息が漏れている。

境川警察署・総務課職員の悠日(仲野)は署長の雪松(伊藤英明)から、ある失敗をして停職処分中の刑事・鈴之介(林)の監視を命じられる。

【関連】隠れヒット作!?『純愛ディソナンス』に「今期ドラマの中で一番」と絶賛 ほか

刑事だった悠日の兄は、捜査中の事故で殉職したのだが、雪松は鈴之介がその死に関わっているかもしれないという。しかし、ひょんなことから、会計課の琉夏(柄本佑)、さらに生活安全課の刑事・星砂(松岡茉優)を交え、捜査権のない4人がさまざまな事件解決に乗り出すことになる。

第1話の世帯平均視聴率は6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)で、同放送枠ではワーストのスタートを切ることに。そして第2話では、大幅減の3.9%。第3話も3.8%と微減で、今期の民放プライム帯ドラマで唯一の3%台を記録している。

「流石にここまで低いと厳しいですね…」

広告の後にも続きます

脚本が坂元祐二氏で、かつ人気個性派俳優が多く出演しているだけに、ネット上では

《流石にここまで低いと厳しいですね…打ち切りコースかな…このままだと3%切るのでは…4人が集まって難事件を解決していく展開を期待してたが…全然違う》
《さすがに2話の3.9%よりは下がらないと思っていたが、さらに下がってしまったのか…》
《この脚本家がよく登場させたがる、神経質なんだけど味がある男、『最高の離婚』の瑛太、『カルテット』の高橋一生、『大豆田とわ子~』の岡田将生。そしてこの『初恋の悪魔』の林遣都。俳優の力量の差なのか、演出の差なのかはわからないが、正直過去の3人の俳優と比べて林遣都の演技が上滑っているのが気になる》
《テレビ離れが進んでいるから、裏番組が強いから…で許される数字じゃないねこれは。坂元裕二さんの脚本が好きな人なら楽しめると思うけど、一般視聴者はあの1話みたら脱落しちゃうのもわかる》

といった声があがっている。

「現在ネット上では、『初恋の悪魔』に対する絶賛の声が相次いでいます。しかしそもそも、視聴率がこれだけ減っているのだから、もはやよっぽどなファンしか観ていないので、絶賛の声しか上がらなくなるのは当たり前。ネット上でバズったり、『TVer』でたくさん再生されたりすれば問題はないでしょうが、今のところそんな様子もないのでかなり厳しいでしょう」(芸能記者)

今後、爆発する展開に期待したい。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル