top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

麒麟・川島が“島田紳助の番組”を酷評「緊張感与える番組あかん」

まいじつ

川島明 (C)まいじつ 

今や国民的人気番組となった『ラヴィット!』(TBS系)に関して、お笑い界から衝撃的な〝裏〟が暴露された。

問題の発言が飛び出したのは、7月30日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)。この日、番組には「ラヴィット!」MCの『麒麟』川島明が出演したのだが、芸人たちからは「ラヴィット!」はスベっても川島がフォローして笑いに繋げるため、甘えや緩みが生じているとの爆弾が投じられた。

【関連】バカリズム“高額商品ガチャ”を一刀両断「ぼったくりなんだから!」 ほか

この告発にスタジオは大騒ぎで、MC・明石家さんまは「ボケが緩いのか! それはアカンぞ」と激怒。「ラヴィット!」レギュラーの『見取り図』や『ニューヨーク』に「『向上委員会』より『ラヴィット!』の方が楽しい」と「ラヴィット!」ポーズで言わせると、なんとさんまがこの緊張感の無さを引き締めるため、「ラヴィット!」に乗り込むとまで宣言する。

場をかき回すこと必至なさんまの乱入宣言に、川島は「楽しくやってますから! 勘弁してください」と涙目。拒否され、さんまは「『ありがとうございます!』違うんか!」と抗議するも、川島は「僕はね、『向上委員会』とかね、さんまさんとか(島田)紳助さんの番組見て、こんな緊張感与える番組あかんと思て『ラヴィット!』やってるんです!」など、パワハラ芸の排除を意識していると明かすのだった。

「さんまさんを朝から観るのは…」

広告の後にも続きます

これにスタジオは爆笑し、さんまは「それはな、アカンぞ、緩くなって。川島に甘えてんねや」と緊張感は大事だと指摘する。だがネット上には、

《さんまさんを朝から観るのは胃がもたれる気がする》
《さんまは生放送向きの人ではない。長々と収録してる番組と同じようにやって番組が壊れるから自分の番組以外出るべきじゃない》
《アメトーークも奴がいなくなってゆったりとした雰囲気でいい感じ。川島と蛍ちゃんみたいなのがいいんだよ》
《川島さんはスベってもその芸人が美味しくなるようにツッコミを入れる技術と優しさがある人。笑いは緊張と緩和とよく言うけど、萎縮させる様なプレッシャーはダメだと思う》

など、川島に同調する動きが広がっている。

時代はアンチハラスメント。さんまや紳助氏のような後輩を萎縮させて叩きのめすようなMCはそぐわないし、視聴者も求めていないのだろう。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル