top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『オールドルーキー』ルッキズム問題を軽視? 美人アスリート登場に落胆…

まいじつ

綾野剛 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

7月31日、綾野剛主演の日曜劇場ドラマ『オールドルーキー』(TBS系)の第5話が放送された。〝ルッキズム〟について浅く触れ、視聴者から落胆の声があがっている。

主人公は元サッカー日本代表の新町亮太郎(綾野)。37歳で選手としてのピークは過ぎ、J3に所属するチーム「ジェンマ八王子」で活躍していたものの、チームが経営難で解散してしまう。

【関連】『初恋の悪魔』今期ドラマで最下位…視聴率3%連続に「打ち切りコースかな」 ほか

あっという間に無職になったところを、スポーツマネージメント会社「ビクトリー」に拾われ、表舞台の選手から選手を支える裏方へ転向。セカンドキャリアで懸命に生きる新町の第二の人生が描かれる。

第5話で城(中川大志)は無名のフェンシング選手・三咲麻有(當真あみ)にスター性を感じ、「ビクトリー」にスカウトする。容姿端麗な彼女を〝美しすぎるアスリート〟などと男性社員が売り出そうと試みると、女性社員たちが呆れ顔。「ルッキズムって知ってます?」「外見で人の価値を決めてはいけない。今はもう一種の差別ですよ」などと注意した。

「突き破れ!美女フェンシング選手」

広告の後にも続きます

美人アスリート×ルッキズムというテーマであった今回のストーリー。しかし結局、三咲は化粧品のCMに出演して笑顔を振りまくことに。根本的な解決にはなっていないうえ、今回のドラマのサブタイトルが〝突き破れ!美女フェンシング選手〟というゴリゴリの容姿推しだったことなどに批判が殺到。

《ルッキズム知らない人ばかりの会社が女性アスリート個人をサポートってなかなか無理な感じがする》
《スポーツマネジメントなのに「美しすぎるアスリート」扱い、「ルッキズム」を知らないおじさん、どう利益を出してるか解らない素人感》
《今回のお話「女性アスリートとルッキズム」の問題に斬り込むのかと期待したけどただの「人見知り」で終わっちゃったのちょっともったいなく感じた》
《今回ってそもそもサブタイトルが美女フェンシング選手って美女がついてて、これもドラマ冒頭で話されてたルッキズムになるけど敢えての皮肉なのか気になる》
《笑顔が苦手なアスリート。ルッキズムの語まで出しながら、結局アスリートに微笑ませる。微笑むことが彼女の成長であるという必然は感じられなかった。これが男性アスリートなら笑わないCMも大いに有りなのに。 男性脚本、演出。がっかりだ。女に愛嬌を求めるな》

といった声があがっている。

日曜劇場で軽く扱うような内容ではなかったかもしれない。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル