top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

工藤静香「スカートの中に…」とんねるずのセクハラ収録を“告発”するも批判殺到

週刊実話WEB

工藤静香 (C)週刊実話Web

木村拓哉の妻で歌手の工藤静香が、7月30日に放送された音楽番組『ミュージックフェア』(フジテレビ系)にゲスト出演。とんねるずとの思い出を語って話題になっている。

工藤は、「デビュー当時の大変だった仕事」を振り返り、『とんねるずのみなさんのおかげです』の企画が「すごく嫌だった覚えがあります」と苦笑い。石橋貴明が霊能者に扮する“宜保タカ子”の企画で、石橋が穿くスカートの中に顔を突っ込まされるのが「本当に、とても嫌で」と明かしたのだ。

【関連】工藤静香“蛇タトゥー”公開で賛否「娘2人が入れたいって言い出したら賛成するの?」 ほか

すると、MCの仲間由紀恵が「スペシャル版に出していただいたことがあって。私も宜保タカ子さんと共演したことがあるんです」と告白。工藤が「(スカートの中に)入れられました?」と尋ねると、仲間は「入れられはしませんでした」と否定し、スタジオが笑いに包まれる一幕があった。

とんねるず (C)週刊実話Web

松嶋菜々子よりマシ

テレビ局のコンプライアンスが今ほど厳しくなかった時代、とんねるずのバラエティー番組では当たり前の“演出”だったが、それを今の時代に合わせて語る工藤に対し、アンチが反応。ネット上では、“被害者”であるはずの工藤に批判が殺到する事態となっている。

《今の時勢に乗って調子乗ってんなあ。過去の事を今の価値観に照らし合わせて判断しても何にもならんわ。使ってもらってむしろ感謝だろ。あの時がなかったら今の家庭だって無かったかもしれんぞ》

広告の後にも続きます

《嫌だったと言いながらデュエットもしてましたよね キスしたり、、、あの当時 姫〜って言われたりして》

《こういうこと言っちゃうのかあ。なんか残念。今になって昔の仕事をハラスメント方面から捉え直して語るというのは、とても醜いです》

《過去を振り返って懐かしんで話すのはいいと思うけど、今更嫌だったとか言わなくていい 貴さんが悪者になるし、そんなの話したらキリがない時代。先日のプロフェッショナルの出川さんとか そういった仕事も当時の感情は置いといて 誇りのように、ただ頑張ってたと。そこが違うのよね。今も姫なのよね気質が》

さらに、レギュラー企画で毎週「卑猥な言葉」を言わされるという壮絶な“セクハラ演出”に耐えていた松嶋菜々子よりマシという声も。

《昔はそういうのが当たり前で、新人や若手は洗礼というか、いじられてなんぼだった。松嶋菜々子ちゃんがとんねるずからされた事って、工藤レベルじゃないね》

《工藤静香は当時のとんねるずとの絡みを嫌だったとしても今では笑い話にできるからアレだが、松嶋菜々子は未だに笑い話にできないくらい嫌だったと思う》

工藤は軽いリップサービスのつもりだったのだろうが、「とんねるずが地上波から消えた理由」を改めて思い知らされるエピソードになってしまった。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル