top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『news23』小川彩佳“クビ”へ?視聴率低迷で局アナを使う新番組スタートか

週刊実話WEB

TBS (C)週刊実話Web

TBSの23時台ニュース『news23』が終了。新番組としてスタートする可能性が出てきた。現在、MCを務めている小川彩佳は早ければ年内、遅くとも来年3月の降板が囁かれている。

「番組は年中〝性問題〟〝男女差別〟ばかり取り上げていて重苦しい。小川自ら、そうした企画を積極的に提案するそうです。彼女の偏向姿勢はテレビ朝日時代から有名。TBSに移ってから、さらに拍車が掛かった感じ。スタッフもサジを投げているようです」(女子アナライター)

【関連】小川彩佳『news23』年内で降板!? 後任MC候補に挙がった3人の名前 ほか

7月25日は、同番組お得意〝生理〟の問題。「飛行機の仕事×生理」と題して、成田空港で空の仕事と生理について学ぶ仕事体験をリポートした。

「以前には〝生理の貧困〟を取り上げたほどの固執ぶり。かと思えば、7月22日には〝働かないおじさん〟として40~50代男性を愚弄するような企画を扱った。さかのぼって6月30日、テレビ局のアナウンサーカレンダーには30歳以下の女子アナばかり載っていると批判。他の日には〝女子アナ〟という呼称に敬意がないとも言っている。気に入らないと文句ばかりで、まるで差別主義。何だかいつもムクれている風で不快です」(同・ライター)

2019年6月に『news23』のMCに就き、丸3年。視聴率は5%以下と低迷し、お払い箱は既定路線だ。

局アナを使う『Live News α』スタイルか…

広告の後にも続きます

「後任の有力候補が、小川と同じ元テレビ朝日アナの竹内由恵です。竹内は、かつてテレ朝の夕方ニュース『スーパーJチャネンル』のMC。局アナとしての実績は十分。結婚して静岡県内に住んでいますが、最近、急激に東京での出番増。大手芸能プロに所属し、事務所がTBSに猛プッシュ中」(同)

元フジテレビアナで、辛口コメントが人気の高橋真麻も候補と見られていたが、ここにきて可能性が急降下。

「番組の悪いイメージを引き継ぎたくないみたいです。改題、新番組を望んでいるとか。気持ちは分かります」(TBS関係者)

局アナを使えば、新番組は作りやすいという。

「ねちっこい内容をやめ、1日のニュースをダイジェストに流す。あとはスポーツでまとめる。フジテレビの同時間帯番組『Live News α』がそのスタイル。MC候補は〝TBSのゴマキ〟こと佐々木舞音アナ、東大卒の篠原梨菜アナ。シンプルで安上がりです」(同・関係者)

果たして、小川に一発逆転の秘策はあるか!?

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル