top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

女優、空手家、看護師/長野じゅりあインタビュー〜東京女子プロレスは5連敗中だけど…

週刊実話WEB

長野じゅりあ (C)週刊実話Web

長野じゅりあは空手の元世界チャンピオンにして現役の看護師。「目指すはアクション俳優!」とのことだが、現在の活躍の場としては東京女子プロレスも加わる。異色の肩書きの彼女に、来歴と今後を聞いた。

――YouTubeの番組『じゅりあの黒帯天使ちゃんねる』を見ました。いろんな格闘家の方に〝入門〟する感じでボコボコにやられてますね。

【関連】双子モデル・クリエーター/りかりこインタビュー〜SNSでバズるもモテない原因は双子だから!? ほか

長野 昨年1月から始めたのですが、基本的には格闘家の方とのコラボが多いです。プロレスでも使えるような技をK-1やRIZIN(ライジン)、柔術の選手などから学ぶ…というのがテーマ。最初の頃はメイク動画をアップしたりもしたのですが、全然再生数が伸びなくて…。ファンの方は私がボコボコにやられる姿を見るのが好きみたいですね(笑)。ただ空手しかできなかった私にとっては、とても有り難く楽しいです。登録者数はまだ8万人なのですが、「銀の盾(登録者数が10万人に達すると発行される)」が欲しくて頑張ってます。4日に1回くらいのペースで新しいのを上げていて、編集作業も全部自分でやってるんですよ。

――空手の経験では太刀打ちできませんか?

長野 私のは『糸東流』といって、フルコンタクトではないんです。東京五輪で注目された、銀メダリストの清水希容選手とは中学時代に戦ったこともあるんですよ。4対1で負けましたけど。

長野じゅりあ (C)週刊実話Web

広告の後にも続きます

――中でもバズった動画はなんですか?

長野 キックボクサーのぱんちゃん璃奈さんとも仲がよく、彼女からはローキックを教わりました。サンドバッグを持ってそこに打ち込まれるんですけど、空手の蹴りとは全然違いましたね。蹴り倒されてもんどり打って悶えてます。おかげで再生数が伸びました(笑)。別の撮影では手がアザだらけになったり、頭突きが鼻に入って腫れたまま芸能の現場に行くこともあるんです。以前、ある番組に出たときは、3日前の格闘で首が回らなくなり、喋ることもできなくて焦りました。格闘のことになると何も考えずエキサイティングしちゃうんですよね。

四足のわらじを履いて活躍中

――そもそも、何がきっかけで空手を?

長野 5歳のときに母親が「強い子になってほしい」と入門させてくれたのが最初です。すごく嫌で何度も脱走しようとしましたが、始めて1年後くらいに空手の型の中国地方大会に出て優勝したんです。メダルをもらえたときのうれしさで、ここまで続けられたんだと思います。18歳くらいまでは全国大会に出ていましたし、練習は365日、1日7時間。1日も休んだことはありませんでした。

――世界チャンプになったのは?

長野 小学6年のときに糸東流の世界大会が日本であって優勝しました。日本武道館。でも、お客さんがいっぱいいて気恥ずかしかった記憶しかないです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル