top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

バカ売れ!「猛暑対策グッズ」〜企業経済深層レポート

週刊実話WEB

企業経済深層レポート (C)週刊実話Web

連日35℃超えの猛暑日続きの中、「猛暑対策グッズ」が売れに売れているという。量販店関係者が解説する。

「一時的に品切れになるほど大ヒットしているのがネッククーラーです。首に巻くだけでクールダウンできる優れもの。商品に使用されているのは、宇宙飛行士を急激な温度変化から守るために開発された特殊素材。28℃を下回ると自然凍結し、涼しさは約90分程度持続します」

【関連】コロナ禍のスポーツ人口増加で需要大幅拡大「プロテイン市場」〜企業経済深層レポート ほか

保冷材や氷のようなキンキンの冷たさではなく、程よいひんやり感が持続する。結露しないため衣服も濡れず、オシャレな若者にも人気だという。

「バッテリー要らずのネッククーラーは150グラム前後で重さも気になりません。女性やスポーツマン、炎天下で働く人にも受けています」(同)

中の素材は溶けると液体に戻るが、冷凍庫や氷水の中で10〜20分程度冷やすだけで再び凍結する。充電式のネッククーラーのように電池残量を気にすることなく、何度でも使用できる。何より、売り上げを後押ししているのが価格だという。

広告の後にも続きます

「安いものでは1000円前後、高くても2000円台で購入できます。手軽に猛暑を乗り切れるグッズと好評です」(同)

各業種や多方面で活躍する

一方、「着るエアコン」としてサラリーマンなどに人気となっているのが『レオンポケット3』。ソニー(東京)から発売された充電式の冷温デバイス(IT機器)だ。家電量販店関係者が言う。

「2020年に一般販売を始めたレオンシリーズに、改良に改良を重ねたのがレオンポケット3です。襟首の下あたりに装着する『身に着けるエアコン』です。大きさは手のひらサイズで、パソコンのマウス程度。重さは90グラム前後と軽く、シャツの下に取り付けても違和感はなく、ビジネスシーンでも重宝されています。しかも冬になれば暖房スイッチに変えてウォーム機器としても使用できます」

価格は1万5000円前後(専用ネックバンドは別売)とやや高めだが、殺人的猛暑を乗り切るには、決して高い買い物ではないだろう。

そして今や真夏の工事現場や農作業に欠かせない存在となっているのが「空調服」である。ファンを回して大量の風を内部に送り込み、暑さを和らげる衣料品だ。

近年は市場規模も150億円前後をうかがうなど売り上げが急増している。というのも、多くのメーカーが「空調服」分野に進出して競い合っているのだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル