top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

医師の後悔…「最後の旅行」に出かける患者家族に投げかけてしまった“言葉”

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、桂真風氏の書籍『Passengers 過ぎ去りし人たちへのレクイエム』より一部抜粋・編集したものです。

Passengers ――過ぎ去りし人たちへのレクイエム

最後の温泉旅行

時折、外来で見かける男の表情は明るかった。彼が説明通り「真菌による病気」を信じているかどうかはうかがい知れなかったが、おそらく妻は隠し通しているように思えた。

ある日、外来を訪れた男は私に封筒を渡した。

「先生、独身でしょ。僕の会社の社長の娘さん、どうかなと思って。気立てのいい、きれいな娘さんですよ」

広告の後にも続きます

私は確かにその時は独身で、決まった相手はいなかった。ちょっと興味はあったが、この封筒を開けてしまえば男との関係がまた近く太くなる。男の運命を知っているだけに、それは避けるべきだと考えた。

「ごめん、今付き合っている人がいるんだ」

「そうかあ、残念だなあ。いい娘さんなんだけど、写真だけでもどう?」

あの日「こいつが主治医か」という目で私を見つめた目には優しい光が宿っていた。

「目移りしたら彼女に怒られるよ」

「それもそうだね」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル