top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

子が産まれてすぐに徴兵された男の悲愴…涙にくれる妻との別れ

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、喜平司氏の書籍『嗚呼、人とは⋯ ―せめて志は高く堅く―』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】「父危篤」の電報が入り帰ってみると父がピンピンしていたワケ

母ミヤコ

姉が嫁いだ翌昭和一四年二〇歳、ミヤコは親戚の紹介で隣県のK町のN洋装店へ花嫁修業も兼ね住み込むこととなった。

ミヤコは、とうきびの取入れの忙しい最中に姑に無理を言い野良仕事を抜け出してきた姉の嬉しそうに話すおのろけを聞きながら駅に着いた。

線路に沿って流れる吉野川を眺めていると、二年前の秋、姉や父に見送られ真っ黒な煙と蒸気を勢いよく吐き出す汽車に、一人乗り込んだことを思い出した。やっと一八歳になったばかり、自ら希望したお手伝いの仕事とはいえ、新調した一張羅のお気に入りの着物にも浮かれた気持ちにはなれず手を振る姉にちょっと手をあげ一、二度うなずいただけだった。

広告の後にも続きます

ところがその日のミヤコは、雲一点無い抜けるような青空や両岸にそそり立つ山間の杉林の深緑に染まるゆったりとした流れと急流のしぶきが織りなす大歩危の景観、川にせり出す真っ赤に色づいたハゼや黄褐色のモミジ、カエデの紅葉は目にも鮮やかで、いつも見慣れた風景に見とれてしまった。

姉はと見ると、駅の柵の片隅で控えめに手を振りながら、新妻らしい幸せそうなほほ笑みを浮かべている。藍色の布地に紅と白色のかすり模様のモンペ姿。真っ白な布の姉さんかぶりが初々しさを添えていた。

ミヤコは待ち時間の間、実家の屋根裏部屋の夥しいお蚕さんや急坂のミツマタの栽培、誰かは必ずぐずっていた弟妹の子守り、夜明けから日暮れまでの野良仕事、男しや女子(おなご)しの野良着姿を思い浮かべつつ、車窓から少し身を乗り出し笑顔いっぱい両手で姉に大きく応えながらこれからの生活に思いをはせた。

K町の目抜き通りにあるN洋装店は、想像していた以上の店構え。男女一〇数名の職人を抱える大店だった。職人たちは町や村の着物姿を見るにつけ機能性に富む洋服に将来の夢を託し野心的だった。ミヤコはそのような男たちを見るのは初めて、何かしら頼もしく、明るい気持ちになった。

ミヤコが住み込みを始めたその年、好高が中国戦線から三年の応召期間満了でN洋装店に復帰した。その好高に同僚のS子が思いを伝えるため、兵営地へ面会に行ったことを聞き、当時としては大胆な行動に驚いたが好高に少し興味が湧いた。

好高には出征経験からくる他の職人には無い落ち着きがあった。仕事に真剣に取り組む鼻筋の通った横顔、そして何よりも職場に高らかに響く笑い声に心がときめいた。好高は実家の金光教会の跡を継ぐため岡山の金光教本部で三年にわたり修行もしたが、義兄弟との跡取りをめぐる確執(好高の母は後妻)や繁盛していたとはいえお供え物やお告げへの謝礼、寄進に頼る生活に性が合わず洋裁業を目指した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル