top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

世界初のレストラン誕生秘密秘話 宮廷を追われた料理人が起こした”食の革命” 「デリシュ!」予告

映画スクエア

 9月2日より劇場公開される、フランスを舞台に世界で初めてレストランを作った男の人間ドラマを描いた映画「デリシュ!」の、日本版予告が公開された。

 予告映像は、宮廷料理人のマンスロンが自慢の創作料理「デリシュ」を貴族たちに振る舞うシーンから始まる。豪華な料理が並ぶ中、「デリシュ」を口にした司祭は「トリュフとジャガイモは豚に食わせておけ」と皿ごと投げ捨てる。当時、豚のエサとして使われることが多かったジャガイモを使用したことを知った貴族たちは、「我々は豚だと思われた」と声高に笑う。神妙な顔つきの料理人に、主人である公爵は怒りに震えて解雇を言い渡す。

 息子と実家に戻ったマンスロンの前に、弟子を志願するルイーズが現れる。「料理人は辞めた」と冷たく言い放つマンスロンだが、彼女の熱意に押されて希望を受ける。失意を抱えていたマンスロンだったが、息子に「このまま人生を諦めないで」と叱咤され、ルイーズからは「あなたの料理を作ればいいんです」と激励され、再びおいしい料理をつくる喜びを見いだしていく。そして、「誰でも食事を楽しめる場所をつくる」と決意したマンスロンは、「世界は変えられるんだ」と明日を見つめる息子、そしてルイーズに支えられ、料理人としての誇りを取り戻していく。

 「デリシュ!」は、フランス革命前夜の1789年のフランスを舞台に、誇り高い宮廷料理人のマンスロンを描いた作品。貴族も庶民も一緒に食事を楽しむ場となった「レストラン」の誕生が描かれる。監督は、フランスで長く脚本家のキャリアを積んだエリック・ベナール。今作が長編第7作となる。主人公のマンスロンに「グッバイ・ゴダール!」「オフィサー・アンド・スパイ」のグレゴリー・ガドゥボワ。「記憶の森」でセザール賞主演女優を受賞したイザベル・カレが、マンスロンとともに料理で公爵と対決する謎の女性ルイーズを演じている。

【作品情報】
デリシュ!
2022年9月2日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
配給:彩プロ
©︎2020 NORD-OUEST FILMS―SND GROUE M6ーFRANCE 3 CINÉMA―AUVERGNE-RHôNE-ALPES CINÉMA―ALTÉMIS PRODUCTIONS

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル