top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

廃トンネルの中で生まれ育った少女 暗闇の中で母親と暮らす日常 「きっと地上には満天の星」本編映像

映画スクエア

 8月5日より劇場公開される、ニューヨーク地下鉄の廃トンネルで暮らす母娘を描いた映画「きっと地上には満天の星」から、本編の冒頭シーンの一部と、監督のセリーヌ・ヘルドとローガン・ジョージからの日本向けメッセージ映像が公開された。

 本編映像で映し出されるのは、廃トンネルの中で生まれ育った少女リトルが、暗闇の中で母親と仲むつまじく暮らす日常。リトルにとっては地下空間が楽しく安全な“ホーム”であることが描かれている。

 監督のセリーヌ・ヘルドとローガン・ジョージにとって、インターナショナルスクールで演劇を教えるため東京に滞在していたこともある2人にとって、本作の日本公開は感慨深いことだという。メッセージ映像では、「年月と愛情をかけた、とても大切な作品です。日本で劇場公開されることを、本当にうれしく光栄に思います。ぜひ観て下さい」と語り、最後には慣れた日本語で「ありがとうございます!」と笑顔を見せている。

 「きっと地上には満天の星」は、ニューヨーク地下鉄のさらに下に広がる廃トンネルで暮らす親子の、地上への逃亡劇を描いた作品。ある日、不法住居者を排除しようと、地下鉄の廃トンネルに市の職員たちがやってくる。隠れてやり過ごすことができないと判断した母親のニッキーは、5歳の娘リトルを連れて、地上へと逃げ出すことを決意する。実在した地下コミュニティへの潜入記「モグラびと ニューヨーク地下生活者たち」(ジェニファー・トス著)を原案とし、「モダン・ラブ」の1編を手掛けたセリーヌ・ヘルドとローガン・ジョージの2人が監督・脚本を務め、長編デビューを飾っている。

【作品情報】
きっと地上には満天の星
2022年8月5日(金)新宿シネマカリテ ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか 全国順次公開
配給:フルモテルモ/オープンセサミ
© 2020Topside Productions, LLC.All Rights Reserved.

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル