top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

杉野遥亮が演じる最強当て馬“須崎”に沼る視聴者続出<ユニコーンに乗って>

WEBザテレビジョン

杉野遥亮が演じる最強当て馬“須崎”に沼る視聴者続出<ユニコーンに乗って>

永野芽郁が主演を務める火曜ドラマ「ユニコーンに乗って」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)の第5話が8月2日に放送される。永野の高い演技力と圧倒的なヒロイン力に加え、世界が認める西島秀俊の本作ならではの新たなかわいい一面が話題になる一方、永野演じる佐奈のビジネスパートナーである須崎を演じる杉野遥亮の繊細な表情が光る演技に注目が高まっている。

同作は、教育系アプリを手掛けるスタートアップ企業「ドリームポニー」のCEO・佐奈のもとに、会社の雰囲気とは全く異なるおじさんサラリーマンが部下として転職してきたことで、仕事に恋に奮闘しながら、夢に向かって真っすぐ生きる主人公たちの成長を描く“大人の青春”ドラマ。

TBS系毎週火曜夜10時のドラマ放送枠では女性主人公のラブストーリーが多く、その中でも恋の当て馬たちの活躍は毎クールSNSでも話題を呼び、本命に負けじと存在感を放っている。火曜10時枠は作品に問わず固定での視聴層も高く、勘の鋭い視聴者からは「今回は杉野くんが当て馬なのでは…?」との声も多いが、第3話(7月19日放送)でのキス直前の2人や、第4話(7月26日)での佐奈を励ます“パンチキャッチ”のシーンでは「ここが結ばれてほしい!」「イチャついてるやん!」といった声もSNSでは多く見られた。

そんな須崎を演じる杉野は、2021年に放送された「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜」(2021年、日本テレビ系)での好演も記憶に新しく、多くの視聴者の心を鷲掴みにした。今回も優秀なエンジニアにも関わらず、恋愛になると不器用で、長年思いを寄せる佐奈へ時折見せる切ない表情や、2人が度々見せる“ハイタッチ”の時の笑顔など、杉野が演じる須崎にときめく視聴者が続出している。

第5話の予告映像では、「俺の着て」と佐奈に自分のジャケットを掛け、袖を折ってあげているシーンも。第4話(7月26日放送)の“パンチキャッチ”からさらに距離が近まり、須崎の佐奈への募る思いはどうなっていくのか、さらなる胸キュンシーンに期待が高まる。

そして、現在「TVer」で配信中のドラマお気に入り登録数ランキング上位3作品をすべてTBS作品が独占中。1位:ユニコーンに乗って(64.8万)、2位:石子と羽男(64.7万)、3位:オールドルーキー(56.9万)。配信が好調なTBSの中でも1位を走り続け、第3話からは視聴率も微増している「ユニコーンに乗って」の今後に目が離せない。

■「ユニコーンに乗って」第5話あらすじ

「スタディーポニーキャンパス」の開発資金を集めるべく、ビジコンに挑戦することを決めた佐奈(永野芽郁)たち。無事書類審査を通過し社内は優勝を目指して活気に満ちていた。

そんな中、佐奈は、靴を壊してしまった小鳥(西島秀俊)のために新しい靴をプレゼントすることに。しかし、なかなかそれを履いてくれない小鳥にもやもや。さらに小鳥の先日のデート相手が早智(広末涼子)だったことが発覚し、思わず動揺してしまう。

なぜそんなに小鳥が気になるのか、自分でもよくわからず戸惑う佐奈。一方の須崎(杉野遥亮)も、そんな佐奈の様子を複雑な思いで見つめていた。

そんな中、着々と迫るビジコン本番。しかし、ドリポニは本番直前に大きな課題に直面する。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル