top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

蓮佛美沙子、初共演・松田龍平の印象は「想像の2倍しゃべる人」<鵜頭川村事件>

WEBザテレビジョン

蓮佛美沙子、初共演・松田龍平の印象は「想像の2倍しゃべる人」<鵜頭川村事件>

俳優の蓮佛美沙子が、8月2日に都内で行われた「連続ドラマW 鵜頭川村事件」の完成報告会に工藤阿須加、入江悠監督と共に登壇し、主演を務めた松田龍平の印象を明かした。なお、松田と伊武雅刀は体調不良のため欠席した。

櫛木理宇氏の同名小説のスリリングな物語展開や人間の本性に迫る心理描写はそのままに、時代や設定を改編、壮大なスケールで映像化した本作。行方不明の妻を捜す医師・岩森(松田)は娘を連れて妻の故郷の村を訪れるが、村は集中豪雨による土砂崩れで孤立。不安が渦巻く中、殺人事件が発生し、村人たちは暴徒化していく…という極限のパニック・スリラーとなっている。

岩森の妻・仁美と、仁美の双子の妹・矢萩有美の一人二役を演じた蓮佛は、苦労したことを聞かれ「個人的には二役ということを意識しないことを意識しました」と振り返り、「それぞれに違った過去を抱えていて、違う人生を生きているので、一人一人を掘り下げればおのずとそれが演じ分けになるかなと信じていたので、気負うことなくそれぞれの役に向き合おうと演じました」とこだわりを明かした。

工藤は、鵜頭川村青年団の団長・降谷辰樹を演じた。辰樹は村で農作業を手伝っているという役柄で、自身も俳優業の傍ら、農業にも挑戦していることから、「クワや道具を手に持った時、監督に『手に染み付いてるね』って言われ、すごく安堵したんですよ」と告白。続けて「自分も農業をやっているので、そういう部分が役に生きたことがうれしかった」と思いを語った。

また、蓮佛は初共演の松田について「想像の2倍しゃべる人でした(笑)」と暴露。初日からノンストップで話していたと振り返り、「妻役だったのもあってか、本当に他愛もない話から、娘役の子もいたので3人で一緒にゲームしたりしていました。どの方に対しても平等に接する方で、かつおしゃべり」と松田とのエピソードを語った。

最終的には松田が娘役の子とけんかをしていたくらいだと笑い「イメージと違ってかわいい方なんだなと思いながら日々過ごしていました」とほほ笑んだ。

入江監督から「(撮影が)過酷だったので、松田さんに待ち時間に聞いたら『蓮佛さんが癒しだ』と言っていました」と聞くと、蓮佛は「初めて聞きました!」と驚いている様子を見せながらも「ありがとうございます」と笑顔を見せていた。

◆取材・文=山田果奈映

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル