top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

岡田准一「この映画に乗れますか?」主演映画の映像解禁に坂口健太郎も「すごい勢いと熱量」<ヘルドッグス>

WEBザテレビジョン

岡田准一「この映画に乗れますか?」主演映画の映像解禁に坂口健太郎も「すごい勢いと熱量」<ヘルドッグス>

岡田准一主演で、坂口健太郎がそのバディを演じる映画「ヘルドッグス」が、9月16日(金)に公開。この度、本作の魅力が凝縮された1分の映像が解禁された。

深町秋生の小説「ヘルドッグス 地獄の犬たち」が原作の本作は、映画「関ヶ原」「燃えよ剣」に続き、岡田が主演、原田眞人氏が監督・脚本を担当しタッグを組む3作品目。

“岡田史上もっとも闇深い”ダークヒーローの壮絶な物語とアクション、さらにこれまでのイメージを覆す、イカれたサイコボーイとして誰も手がつけられない凶暴性と残虐性を持つ危ない男を怪演した坂口健太郎、二人を中心に繰り広げられる、最高にヤバい、究極のノンストップ・クライム・エンターテイメントとなる。

■映画「ヘルドッグス」の魅力を語る岡田と坂口の言葉にも注目

今回解禁となった映像は、闇落ちした元警官、主人公の兼高昭吾(かねたか・しょうご)を演じた岡田が「この波に、この映画に乗れますか?」、続けて「なんか、すごいのができた。ぶっ飛んだ人たちしか出てないです」と語ると、最狂の相棒・室岡秀喜(むろおか・ひでき)を演じた坂口も「とにかく濃いと思います」と話し始める。

映像では、次々に本作に登場する濃厚で強烈すぎるキャラクターたちの姿が映し出されていく。相性98%を誇る狂犬バディとして兼高と室岡は、関東最大のヤクザ組織「東鞘会(とうしょうかい)」をのし上がっていくが、兼高は警察組織から「東鞘会」への潜入ミッションを強要されており、MIYAVI演じる組織の若きトップ・十朱義孝(とあけ・よしたか)が持つ“とある秘密ファイル”を盗むことが目的だった。

ヤクザ組織への潜入を強要された元警官とイカれた相棒、互いになくてはならない、心の隙間を埋める信頼関係を築いた二人が辿る運命とは? 岡田が「荒波がきますんで。いきなり襲いかかってくるような映画」と言うと、少年のような無邪気な笑顔で自信をのぞかせた坂口も「すごい勢いと熱量。それに心地よく流されてほしい」と語り、スピード感あふれる映像に惹きこまれていく。


TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル