top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

与田祐希“璃子”は急に預かることになったおいっ子に手を焼く「ナメてかかるとたたき切られるぞ」<量産型リコ>

WEBザテレビジョン

与田祐希“璃子”は急に預かることになったおいっ子に手を焼く「ナメてかかるとたたき切られるぞ」<量産型リコ>

乃木坂46・与田祐希が地上波連続ドラマ初主演を務める「量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-」(毎週木曜夜0:30-1:00、テレビ東京系 ※BSテレ東・BSテレ東4Kは毎週火曜夜0:00-0:30)の第6話が8月4日(木)に放送される。

同ドラマは、与田演じる性格、容姿、好きなもの、センス、価値観などあらゆるものが平均的なタイプの普通女子・小向璃子がプラモデルを通じて成長していく姿を描く“ホビー・ヒューマンドラマ”。BANDAI SPIRITS制作協力の下、各話に実在するさまざまなプラモデルが登場する。

これまでの放送では、イベント企画会社に勤める璃子(与田)が、仕事帰りに見つけた模型店で、店主の“やっさん”こと矢島一(田中要次)に勧められるまま手にした「量産型ザク」を皮切りに、プラモデル作りにのめり込む様子が描かれた。

時には会社の同僚や上司を巻き込んで、「GT-R」「RGエヴァンゲリオン初号機」「宇宙戦艦ヤマト2202」などに触れ、プラモデルの奥深い世界を学ぶと同時に、会社の人間との交流を深めていった。

さらに、会社内のファミリーデーイベントで3部の仕切りに任命された璃子は、イベント全体を仕切る大石(中島歩)と「ミニ四駆」を通じて急接近。

■第6話では――

しばらくの間おいっ子の面倒をみることになった璃子。不安ながらも歩み寄ろうとする璃子だったが、おいっ子は四六時中タブレットに夢中でなかなか言うことを聞いてくれない。

助けを求めて模型店へと向かった璃子は、子どもでもできるプラモデルを購入。翌日、タブレットを隠す作戦にでた璃子は、プラモデルを一緒に作らないかと誘う。しかし、全く相手にしてもらえずけんかをしてしまう。

――という物語が描かれる。

公式HPなどで公開されている予告動画には、「甘口だよ」とカレーを作ろうとする璃子に「Uberにしてよ!」と反抗するおいっ子の姿や、相当なダメージを受けた様子の璃子が「助けてください」と模型店にやってくる姿などが描かれている。

また、やっさんが「ナメてかかるとたたき切られるぞ」と発言したり、模型店で大人に囲まれたおいっ子が「クールじゃん」とリアクションするなど、プラモデルに興味を示しそうな予感も。そして、おいっ子はついに「武者頑駄無」を手に取る。

第6話放送を前に、「璃子ちゃんの作ったカレー食べたい!」「与田ちゃん、お姉さん」と璃子の子守っぷりを楽しみにする声や、「武者ガンダムだ!!!」「これまた熱いぜ」「小学生男子と武者ガンダム、ベストマッチ!」「子どもの頃作ったので胸熱です」といった声など、オンエア前からSNS上などで話題となっている。

「量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-」第6話は、8月4日(木)夜0:30よりテレビ東京系で放送。


TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル