top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アリナスの「ジノビリは歴代トップ5のシックスマンではない」発言に反発の声! 元名手が「彼より優れた5人を挙げるのは不可能」<DUNKSHOOT>

THE DIGEST

×

アリナスの「ジノビリは歴代トップ5のシックスマンではない」発言に反発の声! 元名手が「彼より優れた5人を挙げるのは不可能」<DUNKSHOOT>

 サンアントニオ・スパーズ一筋16年で、リーグ優勝4回を経験したマヌ・ジノビリは今年9月にバスケットボール殿堂入りすることが決まっている。

 言わずと知れた名レフティーだが、元NBA選手のギルバート・アリナスがジノビリはシックスマンとして歴代トップ5には入らないと持論を展開している。

 ジノビリは1999年のドラフト2巡目57位でスパーズから指名され、イタリアでのプレーを経て、2002年にNBA入り。2017-18シーズンまでキャリア16年をスパーズ一筋で過ごし、ユーロリーグ(2001年)、NBA(2003、05、07、14年)、オリンピック(2004年のアテネ五輪/アルゼンチン代表)で頂点に立つという、ビル・ブラッドリー(元ニューヨーク・ニックス)に次ぐ史上2人目の快挙を成し遂げた。

 ジノビリと言えば、レギュラークラスの実力を持ちながら、グレッグ・ポポビッチHC(ヘッドコーチ)にシックスマンに抜擢され、ティム・ダンカン、トニー・パーカーと強力なビッグ3を形成してチームを牽引した。

 2007-08シーズンには74試合(うち先発23試合)に出場して平均19.5点、4.8リバウンド、4.5アシストをあげて最優秀シックスマンに輝いており、NBAの歴史においても記憶に残るスーパーサブだ。
  しかし、アリナスは自身がホストを務める『Fubo Sports』の“No Chill”で、ジノビリを「アメイジングな選手」と評価しつつも、“歴代トップ5”ではないと見解を述べている。

「ジノビリがジャマール・クロフォードよりも優れているとは思わない。実績を見て、獲得した優勝リングの差はある。では、1対1でプレーさせてみたらいい。俺ならジャマールを選ぶ。ジノビリは確かに素晴らしかった、個人レベルのプレー言えば、歴代トップ5のシックスマンではない」

 アリナスは史上最多となるシックスマン賞3回を誇るジャマール・クロフォードとルー・ウィリアムズの“職人”2人を引き合いに出し、1対1では劣る点を指摘した。

「ジノビリがシックスマンとしてルー・ウィリアムズよりも優れていると言えるかい? ジノビリはティム・ダンカンとしてプレーしたからリングを獲得できた。ジノビリが(チームの成功の)大きなファクターだったのは間違いないけど、ティム・ダンカンがいなかったとなれば、まったく別物のバスケットボールになる」

 ただ、ニューヨーク・ニックス時代の2012-13シーズンに平均18.1点、5.3リバウンドをマークし最優秀シックスマンを受賞した元NBA選手のJR・スミスは、「彼(ジノビリ)よりも優れたシックスマン5人を挙げてくれ。それは不可能だと思うよ」と問いかけ、アリナスの考えを否定していた。

構成●ダンクシュート編集部
 

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル