top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

桜田通「パートナーの過去は、苦しくても知りたい」 恋愛番組で感じた“役者の難しさ”と恋愛観

Real Sound

桜田通(写真=藤本孝之)

 ABEMAの人気恋愛番組シリーズ『恋愛ドラマな恋がしたい』(以下、『ドラ恋』)の最新作で9作目となる『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』。スタジオゲストとして俳優の桜田通が出演した。

(参考:【撮り下ろし写真】桜田通

 『ドラ恋』は“恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのか?”をテーマに、若手俳優が毎話キスシーンのあるドラマの撮影をしながら、そのリアルな恋愛模様も追いかける。桜田は、同じ俳優として、本作に対しどのような感想を抱いたのだろうか。その恋愛観や、俳優だけでなくミュージシャンの一面も持つ自身のマルチな活動についての“意識”についても答えてくれた。

<まわりくどく告白するメンバーは「自分と似ている」>

――桜田さんは普段、恋愛番組は観られますか?

広告の後にも続きます

桜田通(以下、桜田):普段全く観ていなくて、『ドラ恋』が初めてでしたが、すごくハマりました。

――どんなところにハマりましたか?

桜田:僕自身あまり恋愛のことを人に相談しないんですよ。だから人からも恋愛相談を受けたりとか、人の恋愛に首を突っ込んだりすることがないので、とても新鮮に映りました。リアルな恋愛模様や、そんななかでもお芝居では役を勝ち取っていくという、なかなか普段観ることができない俳優たちの姿が覗けるのが、『ドラ恋』の一番の魅力なのかなと思っています。

――『ドラ恋』を観て、推しメンバーや気になるメンバーはいましたか?

桜田:すごい良い人なのでりょうすけ(小池亮介)くんが好きです。あとは観ていくうちに段々と気になって行ったのはゆあ(白石優愛)さんが気になり、最終的に一番印象に残っています。彼女は、恋愛面では誰とも結ばれない結末にはなってしまったんですけど、それを通して女優としての産声を上げた感じがあって。多分この経験を経て、さらに魅力的な表現をしていくのかなと思うと、このシーズン内の話に留まらず、この先の女優さんとしての活躍に期待しています。楽しみですね。

――では、共感できたり自分に似ているところがメンバーはいましたか?

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル