top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

根本要、萩原健太、西寺郷太らが絶賛 『ブライアン・ウィルソン』著名人コメント公開

Real Sound

『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』(c)2021TEXAS PET SOUNDS PRODUCTIONS, LLC

 8月12日に公開される『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』の著名人コメントが公開された。

 参考:【写真】ビーチ・ボーイズ時代のブライアン・ウィルソン

 本作は、「サーフィン・U.S.A.」「グッド・バイブレーション」「神のみぞ知る」、そして『ペット・サウンズ』『スマイル』などで知られるビーチ・ボーイズの創設メンバー、ブライアン・ウィルソンに密着した初めてのドキュメンタリー。

 元ローリング・ストーン誌の編集者、ジェイソン・ファインとともに、幼少期に過ごした家や「サーフィン・サファリ」のジャケット写真が撮影されたパラダイス・コーブなど、ゆかりの西海岸の街を巡っていく。ホームビデオやレコーディング風景などのアーカイブ映像とともに、3年間で70時間以上にわたって撮影されたインタビューで語られるのは、プレッシャーに苛まれ陥った薬物中毒、自由と金銭を奪われ続けた精神科医との関係、そして亡くなってしまったかけがえのない兄弟への確執と愛情。それでも、音楽が彼を世に導き、最悪の環境から救い出した過程や、家族とともに人間的な復活を遂げるまでの道のりが語られる。

 本作の中でも、ブルース・スプリングスティーン、エルトン・ジョンなど音楽界の著名人がビーチ・ボーイズへの愛を語っているが、「そのすべてが意味深い、貴重なドキュメンタリー」、「涙無しにはとても見られない」、「面白い。そして悲しい」、「とびきりドリーミーでロマンチックで、どこかポジティヴ」、「公開されることは奇跡」、「天使に魂を売り、あの美しいハーモニーの才能を得たのかも」といった著名人コメントが寄せられた。

広告の後にも続きます

■コメント

片寄明人(GREAT3、音楽プロデューサー)

心に深い傷を負いながら生み出した、美しく神秘的なロックンロール。
彼の創った音楽だけが触れられる、特別な場所がある。
ドライブ中に選ぶ曲、何気ない会話、そのすべてが意味深い、貴重なドキュメンタリー。

サエキけんぞう(作詞家・アーティスト)

ブライアンが間近で呼吸をしている。ピアノを弾いている、レコーディングをしている。
偽りの無い「生の姿」がついに届けられた。
バックで流れる音源のコラージュも本当に最高で、涙無しにはとても見られないでしょう。

TOWA TEI(音楽家)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル