top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ミツバチが植物を受粉するように、甲殻類が藻類の交配を手伝っていた

カラパイア


 ミツバチなどの昆虫が植物の受粉を手助けしていることは、よく知られている。どうも海でも似たような営みが行われているようだ。

 海の藻類のオスは、小さな甲殻類に自分の生殖細胞をメスまで運んでもらっているのだ。ある種、ミツバチの受粉に近い行動で、これにより藻類は自分たちの子孫を生み出すことができるのだ。

 もちろんそれは無償のサービスではない。藻類は代わりにエサや住処を提供しており、いわば持ちつ持たれつの関係だ。


海の藻類の受粉を助ける甲殻類

 今回、フランス・ロスコフ生物学研究所をはじめとするグループによって調べられたのは、「グラシラリア・グラシリス(Gracilaria gracilis)」という「紅藻類」と、「イドテア(Idotea)」という海の「等脚類」(小型の甲殻類)だ。

 植物でも動物でもない紅藻類のオスは、メスに「配偶子(生殖細胞)」を届けるために、それを海流に乗せて流す。配偶子には精子のような鞭毛がなく、自力では泳げないためだ。

小さな甲殻類「イドテア(Idotea)」 / image credit:Station Biologique de Roscoff, CNRS, SU, Roscoff, France

 ところが実験や観察でいろいろ試してみたところ、海流以外にも配偶子の運び屋がいることがわかったのだ。

 それがイドテアだ。イドテアが紅藻類のオスに近づくと、ベタッとした粘液でおおわれた配偶子が体にくっつく。

 配偶子を体につけたイドテアが、今度は紅藻類のメスに近づくと、その体に付着していた配偶子がメスの生殖器に無事届けられる。まるで植物の受粉を媒介するミツバチのようだ。

Crustaceans help to fertilize seaweeds, study finds

持ちつ持たれつの関係

 もちろんイドテアとてただで手伝っているわけではない。紅藻類は外敵や海流から身を守る隠れ家になるし、紅藻類に付着している珪藻などの小さな生物はイドテアの大好物だ。

 だから、お互いにとってお得なギブアンドテイクの関係なのだ。

 そうは言っても、紅藻類の繁殖において、海流が大きな役割を果たしていることは確かだ。だから、こうしたイドテアを介した繁殖がどのくらい一般的なのか、今のところ不明だ。

 だが少なくともミツバチを介した受粉のような仕組みが海の中でも進化していた可能性はあるようだ。

 この研究は、学術誌『Science』(2022年6月28日付)に掲載された。

References:Crustaceans help to fertilize seaweeds, study finds / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル