top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

魔法界から来た方ですか…? 暗闇で光る「魔導書」生み出した猛者現る

Jタウンネット

皆さんは「魔法の本」と聞いて、どんなものを思い浮かべるだろうか。

古びた質感、謎の文様が描かれた表紙、見たこともない不思議な文字の羅列、開けばなぜか光りだしたりして……。絵本やアニメ、映画などで見たそんなイメージが浮かんだ人も多いだろう。

そんな「魔法の本」を現実世界へと引っ張り出したかのような写真がtwitter上で話題になっている。

これはツイッターユーザーのみけるくれそん@mikel_cressonさんが、2022年7月23日に投稿した写真。テーブルに置かれているのは、カッチリとした装飾が施されたどこかイカつそうな本だ。

そして暗闇の中でページをめくると……なんと文字が魔法を発動した時のように緑色に光っている!

広告の後にも続きます

まさか、魔法の世界から「魔導書」を持ち出してきてしまったのだろうか?

Jタウンネット記者は25日、みけるくれそん(@mikel_cresson)さんに詳しい話を聞いた。

投稿主「○○で「魔導書」で買える」

みけるくれそんさんによると、暗闇で文字が光る魔導書は、23日に自身で生み出したものだという。

「ファンタジー系の物販イベントに参加するにあたり、薄暗い会場で活躍できる小道具を持って行こうと考えました。
友人『蓄光テープ」を使うところまでは思い当たり当初は魔法陣を作ろうとしました。ただテープの性質上曲線が実現できず、最終的に切り刻んで文字にしちゃえ!と、今回の魔導書制作に至りました」(みけるくれそんさん)

光る文字のつくり方は、畜光テープを細かく乱切りし並べるだけ。また、いかにも古そうな紙の質感はコピー用紙をコーヒー染めして作ったという。

そして装飾が大変だったであろう表紙にいたっては、

「Amazonで『魔導書』で買える」

とまさかの超絶シンプルすぎる回答を頂いた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル