top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

《速報》新型コロナ 東京都で新たに3万1541人の感染確認 4日連続で3万人超え 日曜日として過去最多 重症者23人 死亡8人

ABEMA TIMES

 31日、東京都が確認した新型コロナウイルスの新たな感染者は3万1541人だった。先週の日曜日(2万8112人)から3429人増え、日曜日としては過去最多となった。

【映像】解熱鎮痛剤「カロナール」コロナ感染急拡大で“限定出荷”

 新たに感染が確認されたのは、10歳未満から100歳以上の3万1541人で、4日連続で3万人を超えた。直近7日間の感染者数は平均で3万2178人で、前の週と比べて131.1%となっている。

 31日時点の新型コロナ患者の全体病床使用率は0.4ポイント下がって53.7%(3808人/7094床)で、オミクロン株の特性を踏まえた重症者用病床使用率は前の日から1.0ポイント下がって25.0%(105人/420床)だった(どちらも分母は現時点の最大確保見込数)。重症者は前日から1人減の23人となった。

 また、10歳未満から90代の男女8人の死亡が確認された。

広告の後にも続きます

 東京都は来月5日から18日まで東京駅や新宿駅、上野駅といった6つの主要駅などに臨時の無料検査場を設置する。お盆期間中に帰省や旅行をする都民に積極的な活用を呼びかけている。

 小池都知事は、来月21日までを「自分、そして大切な人を守る特別期間」と位置づけていて、感染防止対策の一層の徹底を求めた。また、都は20代を対象に自主検査で陽性だった場合に、オンライン上で医師の診断を受けて発生届を提出できる仕組みを新たに設ける。発熱外来の混雑を緩和することが狙い。

 小池都知事は医療提供体制をさらに強化することで、この夏は都県境をまたぐ移動の制限などは行わない方針だ。(ABEMA NEWS)

TOPICS

ジャンル