top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『テッパチ!』“女性ウケ狙い”のサービスシーンが大失敗「時代錯誤のセンス」

まいじつ

白石麻衣 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

7月27日、ドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)の第4話が放送された。プロデューサーが構想20年だと明言している同作だが、それ故に展開が「古臭い」と話題になっているようだ。

ケンカっ早い主人公・国生宙(町田啓太)はある日、幹部自衛官・教育隊中隊長の八女純一(北村一輝)に声を掛けられ、自衛隊に入隊する。

【関連】西島秀俊以外はカス…『ユニコーンに乗って』雑魚社員たちに「終わってる」 ほか

そして陸上自衛隊で未熟な若者たちが、現実の厳しさ、夢や希望、友情や恋愛など、日々壁にぶつかりながら、「誰かのために命を懸けられるのか」「自分がやりたい本当のこととは…」と悩みながらも奮闘していく。自衛官らのマドンナ的存在は、教官の桜間冬美(白石麻衣)だ。

「同作は、頭空っぽな男性同士がぶつかり合い、なんかワチャワチャやる青春ストーリー。シャワーシーンや上半身裸シーン、さらに筋トレシーンなど、いかにもな〝女子ってこういうのが好きでしょ?〟という要素が組み込まれています。ケンカシーンに関しても、昭和の少年誌の様なノリ。第4話では他にも、唐突なダンスパート、男性同士の〝コチョコチョ〟し合いという狙いすぎたシーンが。いくら腐女子でも、こんな古臭くてあざといストーリーにはピンと来ないようです」(芸能記者)

「脚本・演出マジでナゾだし古臭い」

広告の後にも続きます

女性向けの作品と思いきや、もはや一周回って女性をバカにしているような同作。ネット上では

《想像してたのとは違うドラマでした。イケメンのシャワーシーンとか、これ見せれば視聴率上がるでしょみたいな姑息な思惑がスケスケ》
《サービスタイムかなんかだと思ってダンス入れた脚本・演出マジでナゾだし古臭い》
《このドラマ、自衛隊のコスプレをした高校学園ドラマですね》
《意味のないシャワーシーン、ストーリーに関係ないし、誰のため? 今の時代、そんなの必要とされてない》
《裸で腕相撲したり、ダンス踊ったり…プロデューサーの時代錯誤のセンスを大量投入した古臭いフジテレビのベッタベタなドラマになってくの?》
《私は女ですが、サービスショットも、ちょいちょいある今後恋愛に発展しそうなキュン系シーンも要りません》
《シャワーシーンもさらっと流すくらいならまだいいけど、ひとりひとり舐め回すようにドアップにする描写がとても気持ち悪い》

といった声が上がっている。

作り手と視聴者でここまでの隔たりがあるとは…。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル