top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【投資初心者向け】株価の適正水準を見極める指標、「PBR」でわかること…経済評論家が解説

幻冬舎ゴールドオンライン

資産形成を目的に、投資家デビューする人が増えています。しかし一部には、株価が割安なのか割高なのかといった、基本的な判断基準の知識を持たないまま、イメージや勢いで売買するという恐るべき投資家もいるようです。最低限知っておきたい株価の評価指標「PBR」について、経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

なぜPBR(株価純資産倍率)は1倍が出発点なのか?

株価が割高なのか割安なのかを考える際に最もよく使われるのは「PER(Price Earnings Ratio:株価収益率)」ですが、それと並んで重要なのは「PBR(Price Book-value Ratio:株価純資産倍率)」と呼ばれるものです。

これは、株価が1株あたり純資産の何倍で取引されているか、という倍率を示したものです。1倍ならば、1株あたり純資産と株価が等しい、というわけですね。

会社が解散する時には、資産を売却・負債を返済して残った資金を株主が山分けするわけですが、残る資金の額を示すのが純資産(バランスシートの右下部分)なのです。

つまり、株価は会社の解散価値に等しいはずだ、と考えると、株価は1株あたり純資産と等しくなるべきで、PBRは1倍になるべきなのです。そこを出発点とした上で、1倍以上になるべき要因や1倍以下になるべき要因について考えていこう、というのがPBRの考え方なのです。

「PBRが1倍以下」に、投資チャンスが潜んでいる

広告の後にも続きます

もちろん、会社が解散する時に資産が帳簿通りの価格で売れることは無さそうです。たとえば会社の看板は、製作費用で決算書に計上されますが、会社が解散する際に売却しようと思っても買い手は見つからないでしょうから。

ただ、会社が存続し続けるならば、製作費用を上回る利益を会社にもたらしてくれるかもしれません。少なくとも会社が看板の制作を決定した時は、それを期待していたはずです。

そして、実際にそうなっているならば、会社が将来も看板を使って利益を稼ぎ続けると期待できますから、株式市場は看板の「価値」を制作費用以上と見積もるはずなのです。

つまり、PBRが1倍以下だということは、会社の資産が帳簿価格以下の価値しか無い、と株式市場が判断しているわけですから、本当にそうなのか否かを考えてみる価値はありそうです。

あるいは、いまの資産の状況には問題がなくても、会社の稼ぐ力が弱くて今後の決算は赤字が続くと予想している場合には、PBRは1倍以下となるでしょう。赤字が続けば将来の純資産がいまより少なくなるわけですから。しかしこれも、本当にそうなのかを考えてみる価値はありそうです。

そのうえで、そこまで悲観的に考える必要はなさそうだと思えるなら、株価が過小評価されている可能性が高いので、投資を前向きに検討してみればいいでしょう。

PBRが「会社ごとに大きく異なる」ワケ

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル