top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

洋服の素材で作られる「ハイブリッド和服」、8万円超でも“お買い得”なワケ

日刊SPA!

洋服の素材で作られる「ハイブリッド和服」、8万円超でも“お買い得”なワケ

―[MBのヘビーユース180(心底惚れ込んで愛用しているアイテム)]―

◆130/180 KIMONO Scale Off Wool(Y.&SONS×Graphpaper)8万5800円

 神田明神の入り口にある着物専門店Y.&SONSさん。場所が場所だけにオーセンティックな着物かと思いきや、実はこちら洋服の素材を使って和服を作るハイブリッドなお店。

 日本のブランドAURALEEやGraphpaperなどと協業し新しい和服の提案をしています。

 今回、紹介するこちらも、洋服で使うウール生地を使用した和服。ジャケットなどで使用する滑らかな光沢あるウールを和服に使うことで、従来にはない独特のモダンな雰囲気になっています。

◆和服の範疇にとどまらない提案

 また、オフスケールという特殊な加工を施すことで光沢を強め、シワが出にくくしています。帯も一癖あり、ベルクロとベルトのコンビネーションでワンタッチで脱着できる仕様。着付けなどはできずとも誰でも和服を自然な印象で楽しめます。

 このブランド、ほかにも下駄には米軍採用の防滑性の高いビブラムソールを使っていたり、帽子には日本のハットブランド・KIJIMA TAKAYUKIを合わせていたりと和服の範疇にとどまらない提案が多い。

◆和服を軸にしたまま、洋服の要素を巧みに採り入れる

 Y.&SONSを運営するのは老舗着物メーカーの「きものやまと」。

 着物の需要が落ちていくことで文化が失われることに対して新しい働きかけができないかと立ち上げたのがこのお店。和服と洋服のハイブリッドは多くのメーカーが目指し、提案しているところですが、奇抜さばかりが目について変に安っぽくなることも珍しくありません。

 こちらは和服としての着こなしやルールを崩さないように、あくまで軸は和服にしたまま洋服の要素を巧みに採り入れているあたりがポイント。見た目の印象は和服そのものですが、使う素材やわずかなディテールに洋服らしい色気や利便性をプラスし、新しい提案を行っています。

◆一度買えば、一張羅として長く使える

 私は一度足を運んだだけで完成度の高い提案にすっかり魅了されてしまい、小物まで含む一式を購入してしまいました。

 値段は相応に高いですが、洋服と異なり、一度買えば一張羅として長く使えるもの。今年こそ、憧れの和服を手にしてみませんか。

 大人であれば一着あると結婚式や大事な場などで活用できます。おすすめです。

商品、衣装/すべて私物 撮影/山田耕司(商品) 岡戸雅樹(人物)

【MB】
ファッションバイヤー。最新刊『MBの偏愛ブランド図鑑』のほか、『最速でおしゃれに見せる方法 』『最速でおしゃれに見せる方法』『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』など関連書籍が累計200万部を突破。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、ユーチューブ「MBチャンネル」も話題に。年間の被服費は1000万円超! (Twitterアカウント:@MBKnowerMag)

―[MBのヘビーユース180(心底惚れ込んで愛用しているアイテム)]―

TOPICS

ジャンル