top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

打倒・ムエタイのために磨いた拳。“愚直なヒーロー”武田幸三はなぜ愛され、今なお色褪せないのか【K-1名戦士列伝】

THE DIGEST

×

打倒・ムエタイのために磨いた拳。“愚直なヒーロー”武田幸三はなぜ愛され、今なお色褪せないのか【K-1名戦士列伝】

 1990年代から2000年代初頭、日本では現在を上回るほどの“格闘技ブーム”があった。リードしたのは、立ち技イベント「K-1」。その個性豊かなファイターたちの魅力を振り返る。

―――◆―――◆―――

 K-1ヘビー級が体格もパワーも規格外の“超人”の世界だとしたら、中量級(70kg)のK-1 WORLD MAXは“等身大のヒーロー”が魅力を発揮した舞台だった。

 ファンにとってはより身近で、いい意味で格闘家らしくない選手も多かった。たとえば、K-1中量級を引っ張った魔裟斗は、格闘技界に女性ファンも呼び込んだ。それまでの「格闘家」のイメージを覆すような存在だった。

 そんななかで異彩を放ったのが武田幸三である。“質実剛健”と言えばいいだろうか。あるいは“愚直”か。彼は華やかさではなくモノクロームの存在感で観客の心を掴んだ。

 所属は新日本キックボクシング協会の治政館。もともとラグビーをやっていた彼だが、ヘビー級のK-1、とりわけブランコ・シカティック(クロアチア)を見て衝撃を受け、キックボクシングの道へ。当時は自身もヘビー級で闘うつもりだったという。
 
 実際のスタートはキックボクシングの前座。しかし、次第に頭角を表すと、鍛えられた肉体から“超合筋”という異名がついた。そしていつしか武田の目標は“打倒ムエタイ”に変わった。

 そんな武田のファイトスタイルは、ローキックと右ストレートを軸にしたシンプルなものだった。決して器用な選手ではなかったが、最小限の武器で相手を倒す、その武骨さが何より彼の人気を高めた。

 ローで脚にダメージを与え、左手で相手のガードを払い、右ストレートを叩き込む――。それはムエタイに対抗するために磨き抜いた手段だった。多彩なテクニックを持ち、試合運びも巧みな相手には、“巧さ”で抗ってもなかなか勝てるものではなかった。

 となれば倒すしかない。だが、ムエタイ戦士は打たれ強くもある。武田曰く「ムエタイは“痛い”では倒れない」。だから武田は顔面へのパンチで失神させるしかないと、とにかくシンプルなスタイルを磨き抜いた。 初のムエタイ王座戦はチャラームダム・シットラットラガーン(タイ)を相手に無念のドロー。しかし、2001年に行なわれたリベンジマッチで見事にKOし、ムエタイの殿堂ラジャダムナン・スタジアムのウェルター級王座を奪取した。この時のフィニッシュは「倒すしかない」と磨いた渾身の右ストレートだった。

 拳一つに人生を懸け、ムエタイという強大な敵に挑む。武田が持つ独特の個性と強さは際立っていた。

 K-1 WORLD MAXがスタートしたのはムエタイ王座を獲得した翌年。無論、武田にも出場待望論があった。そして2003年に、満を持してK-1 MAX日本トーナメントに初出場すると決勝進出。惜しくも魔裟斗に敗れたが、その出場がMAXの世界の広がりを証明するものでもあった。
  攻撃主体の闘い方ゆえ、隙もあり、負けも多かった。筆者は武田のキャリア初黒星となったタイ人との試合を取材しているのだが、バックステージで「あぁ、ショックでけえ……」とうなだれる姿は今でも鮮明に覚えている。それぐらいに印象的だった。

 だが、彼は一度落ちても何度も這い上がり、ついにはムエタイのベルトを巻いた。決して多くは語らない。だがしかし、気持ちの伝わる選手だった。武田が見せつけた武骨で愚直な闘いが我々に残した記憶は、今も色褪せない。

文●橋本宗洋

【関連記事】日本格闘界に“世界”を知らしめたアーネスト・ホースト。今も色褪せないボブ・サップとの大激闘【K-1名戦士列伝】

【関連記事】酒好きで体調管理には無頓着。でも勝てた――。“20世紀最大の暴君”ピーター・アーツがK1の象徴と言われた所以とは【K-1名戦士列伝】

【関連記事】驚愕させた凄まじい伝説の数々。なぜ“神の子”山本“KID”徳郁は人に愛されたのか?【K-1名戦士列伝】

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル