top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

奥山佳恵 勢いだけで歌った『おどるポンポコリン』で3万人オーディションのグランプリに!

女性自身

×

奥山佳恵 勢いだけで歌った『おどるポンポコリン』で3万人オーディションのグランプリに!

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代、大好きだった曲の話。各界で活躍する同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょうーー。

 

「小さな子どもが今でも『おどるポンポコリン』(’90年)を歌っているのを耳にすると“楽しさが詰まっているから、30年以上も継承されているんだな”って驚きます。じつは、ウチの子どもたちが幼いころに『この曲のおかげで、今のママがいるんだよ』って言っていたくらい、私の人生を変えてくれた曲でもあるんです」

 

こう語るのは、女優でタレントの奥山佳恵(48)。’92年に主演で映画デビューを果たす直前まで、芸能界に入ることなど考えたこともなく、ごく普通の少女時代を過ごしていたという。

広告の後にも続きます

 

「その時どきに人気だったジャニーズタレントが大好きな、女のコの王道をいくようなタイプでした。『必殺仕事人V』(’85年・テレビ朝日系)の京本政樹さんに魅了されたのをきっかけに、美しいもの、キレイなものが大好きになって、『光GENJI』の大沢樹生さんの大ファンに。『パラダイス銀河』(’88年)は細長いケースに入ったシングルCDを買いましたし、ジャニーズの公式ショップで買った等身大のポスターを天井に貼って、『おはよう』や『おやすみ』のときも、大沢さんと過ごしていました」

 

進学した高校は自由な校風だった。髪色を変えたりパーマをかけたりしても、教師は注意するどころか「似合っているね」と褒めてくれる環境。そんな個性を尊重してくれる学校で目覚めたのが、彼女の持つエンタテインメント性だ。

 

「みんなを笑わせたり、驚かせるのが大好きでした。ランドセルで通学してみたり、お弁当の代わりにお豆腐と卓上しょうゆを持っていって食べたり。教室が2階にあったのですが、普通に入口から入ったらつまらないと思って、鶏小屋の金網をガシガシとよじのぼって、窓から登校したこともありました」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル