top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「見事に読み間違えた」「脳がバグる」 心が疲れた大人には「別の言葉」にしか見えないフェリーが発見される

Jタウンネット

そんな名前をつけるはずがないのに、どうしても読み間違えしまう――そんな名前のフェリーを皆さんに紹介したい。

こちらはツイッターユーザーの興慶(@mlginga)さんが2022年7月25日に投稿した沖縄・座間味村が就航する「フェリーざまみ3」を映した写真だ。

村の名前と数字の「3」を合わせた何もおかしくないフェリーの名前……なのだが、どうしてだろうか。写真を見ると、

「ざまみろ」

と暴言に見えてしまうのだ。

興慶さんのツイートは注目を集め、「ざまみろ」と読み間違えしまう人が続出。そして、こんな声があがっている。

「見事に読み間違えた 」
「わざとだよね 」
「脳がバグる 」

「今までに『ざまみろ』に見えたという問い合わせは……」

広告の後にも続きます

興慶さんが「フェリーざまみ3」の写真の撮影したのは18年5月5日。同日には船体の写真だけでなく、船名がペイントされたコンテナの写真も投稿していて、これも「ざまみろ」に見えてしまう。

どうにもこうにも「ざまみろ」に見える。もしかして、この名前にしてしまったことで、今まで困ったこともあったのではないか。

気になったJタウンネット記者は22年7月29日、座間味村の船舶観光課の職員に話を聞いてみると、

「僕が知っている限りでは、『ざまみろ』に見えてしまうという問い合わせはなかったですね……」

と困惑気味にコメント。

「フェリーざまみ3」は2016年に就航し、船のデザインはずっと同じ。しかし職員の間で「ざまみろ」に見える、という話になったこともなく、取材に応じた職員も記者からの話で初めて意識したそうだ。

いつも見ていても気づかないだなんて。ひょっとすると、「ざまみろ」と読み間違えてしまうのは、心が疲れているからかな……。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル