top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「自転車がパンクし、遅刻の大義名分を得た私。内心ホクホクで歩いてたら、パンチパーマの怖いオジサンが『お前乗れや!』」(愛知県・50代男性)

Jタウンネット

シリーズ読者投稿~あの時、あなたに出会えなければ~ 投稿者:Uさん(愛知県・50代男性)

35年ほど前、高校生だったUさんは通学中に自転車のタイヤがパンクしてしまった。

「学校が面倒くさい」――そう感じていた彼にとってはむしろ嬉しい出来事だったのだが……。

<Uさんの体験談>

35年ほど前、高校生だった時の思い出です。

広告の後にも続きます

私は市街地の高校に自転車で通学していたのですが、ある日の登校の途中、自転車のタイヤがパンクしてしまいました。

ただ、学校が面倒くさいと感じていたので、心の中で「今日は堂々と遅刻できる!」なんて少し喜びながら自転車を押していたのですが……。

「おい! お前乗れや!」

大きな外車に乗ったパンチパーマのおじさんが通りかかり、大声で私に呼び掛けてきました。

「おい! お前乗れや!」

助手席のドアまで開けられて、恐ろしくなった私は言われるがまま車の中へ。

「このまま拐われちゃうのかな」と頭の中で妄想が駆け巡り、悲観して怯えもしました。

だけど、おじさんは私の制服を眺めながら、

「〇〇高校、制服変わったんだなぁ。俺も卒業生なんだよ。○○先生は元気か?」
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル