top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

構想20年ドラマ『テッパチ!』打ち切り寸前! 視聴率3%がすぐそこに…

まいじつ

白石麻衣 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

7月27日、ドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)の第4話が放送された。視聴率低下に全く歯止めがかからず、ついにデッドゾーンギリギリに突入した。

ケンカっ早い主人公・国生宙(町田啓太)はある日、幹部自衛官・教育隊中隊長の八女純一(北村一輝)に声を掛けられ、自衛隊に入隊する。

【関連】『オールドルーキー』増田貴久にイライラ爆発「ウザすぎ」「なんなのマジで」 ほか

そして陸上自衛隊で未熟な若者たちが、現実の厳しさ、夢や希望、友情や恋愛など、日々壁にぶつかりながら、「誰かのために命を懸けられるのか」「自分がやりたい本当のこととは…」と悩みながらも奮闘していく。自衛官らのマドンナ的存在は、教官の桜間冬美(白石麻衣)だ。

初回の世帯平均視聴率は7.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と、水曜22時の放送枠にしては好スタート。しかし第2話は5.6%と激減。さらに第3話では4.7%までダウン。そして第4話では4.0%を記録。超大爆死ラインの3%台スレスレだ。

「脚本とか演出のセンスも20年前のまま」

広告の後にも続きます

「現代は録画機器の進化、さらに『TVer』の普及などもあって、昔ほど視聴率が取れていません。しかしそれでも、3%台はとんでもない爆死です。また『テッパチ!』に関しては、初回は数字を取れていたのに、急降下しているのも問題でしょう。録画環境うんぬんではなく、単純に視聴者から見放されています」(芸能記者)

ネット上でも、この爆死ぶりに

《構想20年なのにww》
《いよいよ危険水域突入だな。ホントに皆が言うように自衛隊感が全くない。この内容なら高校の運動部を舞台にしたドラマと大して変わらん》
《脚本とか演出のセンスも20年前のままなのがw》
《クレジットの防衛相、自衛隊協力となっているが、テクニカルアドバイザーはどの程度関与しているのか疑問》
《視聴率の下落が止まらないね。スタッフさんが作りたかった自衛隊ドラマは本当にこれなの?》
《次は世帯視聴率3%台に入りそう。深夜ドラマ並み。どうせ数字とれないなら固定客のいるジャニーズ主演にしてしまおうという流れが加速しそう》

といった声が上がっている。

プロデューサーいわく、構想20年という『テッパチ!』。20年温めた案が、打ち切りになるのはあまりにも悲しすぎるが…。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル