top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

手取り平均33万円だったが…40歳男性が破産を決意した「住宅ローン支払額」

幻冬舎ゴールドオンライン

住宅購入の平均年齢は40歳程度ですが、できるだけ早くマイホームを実現すれば、それだけローン返済から解放される年齢が早くなり、人生設計が楽になる……そう考えて、若くして持ち家を叶える人も珍しくありません。「年齢があがれば、給与も増えるだろうし」。そう考えて、ローンを利用するケースも多いでしょう。しかし目論見通りにいかなかったら……みていきましょう。

「自分の家を建てた」…20代での強者も

総務省『平成30年住宅・土地統計調査結果』、全国に「持ち家」は約3,280万2,000戸あり、持ち家率は61.2%。さらに持ち家について、住宅の購入・新築・建て替え等別にみると、「新築(建て替えを除く)」が990万2,000戸で持ち家総数に占める割合30.2%。続いて「新築の住宅を購入」で738万9,000戸で全体の22.5%。マイホーム、「自分の家を建てる」という人が多数派を占めています。

国土交通省『令和3年度住宅市場動向調査』によると、新築注文住宅(土地を購入し住宅を新築)購入者の平均年齢は40.4歳。土地と建物の総額は平均4,606万円で、そのうち平均3,409万円はローンを活用しています。返済期間は、住宅建築費で32.1年、土地購入費で33.8年と、多くが30年近くかけてローンの返済をしています。

ただ、ローンの完済を考えると、できるだけ早く終えたい=できるだけ早く家を建てたい、という人も多いでしょう。総務省『家計調査』(2021年)によると、20代でマイホームを手にしている人は33.6%。

――20代の3人に1人が持ち家!?

広告の後にも続きます

もちろん、相続などで手にしている人も多いでしょう。そこで、持ち家のうち、住宅ローンを支払っている人の割合をみていくと、20代では25.6%。20代でローンを完済した、という人はそうそういないでしょうから、単純計算ですが、20代でマイホーム購入を実現させた人は8%程度だと考えられます。

20代であれば、返済期間を長く設定できることができますし、これから収入もあがるので、金融機関から「返済能力、良好!」と評価されがち。20代ではまだまだ収入も心許ない、という人も多いでしょうが、若くして家を持つことのメリットも加味して考えていきたいものです。

【年齢別「持ち家率」の推移】

~29歳:33.6%/25.6%

30~39歳:65.0%/50.1%

40~49歳:77.7%/52.9%

  • 1
  • 2