top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

JRA重賞『クイーンS』(GⅢ)映画評論家・秋本鉄次の“ざっくり”予想!

週刊実話WEB

(C)JRA 

無視した馬が割り込んで来るのが、ここ数週の有り難くない〝流行〟である。先週の中京記念では、余計なのは1着馬にあらず、2着馬だった…という相変わらずの〝惜しい・悔しい・仕方がない〟の痛恨節であった。もう、ウサ晴らしに梶芽衣子の『怨み節』でも歌っちゃうぞ。♪憎い、悔しい、許せない~ってね。まあ競馬ファンはすぐに馬券の恨みツラミを忘れるのがイイところ。

【関連】JRA重賞『中京記念』(GⅢ)映画評論家・秋本鉄次の“ざっくり”予想! ほか

とはいうものの、少しグチらせて。ゴール前、西村ベレヌスが先頭なのは少し意外だったが、小倉巧者だけに驚けない。川田ファルコニアが2着…でいいや、と思ったところに、買っていない団野カテドラルが突っ込んで来て、暗転の写真判定負けでハズレはハズレ。

「昨年2着で人気になりそうだが、リピーターの少ないこのレースだし、そもそも前回の鞍上は福永であった…」と記して無視したボクは、目の前でお肉を横取りされた駄犬のようにボー然としていた。人気になるどころか、ボクのように団野騎乗を軽く見た人が多かったせいなのか、何と10番人気の低評価。6番人気ベレヌスとの馬連は15860円の万馬券、3着ファルコニアを加えた3連複も同じく万馬券と来たもんだ。狙いは悪くないんだけどなあ、結果が伴わんなあ、と過去、競馬場帰りの飲み屋で何千回ボヤいたか判らないような〝繰り言〟とあいなった。

そんなわけで今週だが、日曜重賞は久々に選択肢アリ。新潟名物の千直アイビスサマーダッシュか、札幌の牝馬戦クイーンSか、である。ネーちゃん好きとしては、今村オヌシナニモノ、藤田スティクスと女性騎手の参戦が話題の韋駄天レースも捨て難いのだが、騎手より北の大地での3~6歳馬の〝女の戦い〟の方にやっぱり食指が動いたりして。

ヴィクトリアマイルの惨敗組に旨味あり!?

軸は3歳馬の武豊ウォーターナビレラでキマリでしょう。何せ阪神JFコンマ2秒差3着、桜花賞ハナ差2着のGⅠ実績、札幌も新馬戦(1500メートル)勝利で不安もなさそう。オークスでの惨敗(13着)は単に距離が長かった、と思いたい。

広告の後にも続きます

相手にはヴィクトリアマイル組から、4着で今度は人気になりそうな田中勝ローザノワールを敢えて無視して、13着の池添テルツェット、17着の浜中マジックキャッスル、18着の鮫島駿メイショウミモザの巻き返しを優先させたい。マーメイドS組からは6着の荻野極ゴルトベルグをセレクト。彼女はきっと〝夏女〟と信じたい。加えて7着の横山和ルビーカサブランカも抜擢しよう。巴賞組からは関東リーディング騎手の横山武に乗り替わるホウオウピースフルに期待したい。

〝映画連想馬券〟は、ウォーターナビレラは、確か昨年暮れの阪神JFのときに、新作『スティルウォーター』を取り上げたので、重複は避けたい。メイショイウミモザから戦前のフランス映画の名作『ミモザ館』(35年)はどうか。南フランスの海岸町のホテルの女主人が、パリで自堕落な生活をしている実子同然に育てた青年を連れ戻すが…という葛藤劇で、ヒロインのフラソワーズ・ロゼーが、母として女としての機微を熱演している。

もう1本挙げれば、ルビーカサブランカから、てっきり天下の名作『カサブランカ』(42年)だろ、と思わせておいて、『ルビー・カイロ』(92年)を取り上げよう。意味不明なフェイントだなあ(苦笑)。メキシコから届いた夫の訃報を期に、夫の知られざる素顔を知ることになる主婦の行動を描くミステリーで、ヒロインのアンディ・マクダウェルは当時人気の美人女優だった。

最終的な買い目は軸⑩から①③⑤⑥⑫⑭へ馬連&3連複。馬連の縦目は〝映画連想馬券〟でも取り上げた2頭⑥⑫に、名前に〝テツ〟の入った①も加えてのボックス。また無視した馬が食い込んで来ませんように。トリガミでもいいから、そろそろ当てないとね。

秋本鉄次
映画評論家。〝飲む・打つ・観る〟〝映画は女優で観る〟をモットーに、娯楽映画、中でも金髪女優の評論にかけては業界随一。著書に『パツキン一筋50年 パツキンとカラダを目当てに映画を見続けた男』(キネマ旬報社)など。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル