top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

新井恵理那アナは“パパ活”でブレーク!? 下積み時代も西麻布に住む「港区女子」だった

週刊実話WEB

新井恵理那 (C)週刊実話Web

フリーアナウンサーの新井恵理那が、7月27日に放送されたバラエティー番組『かまいガチ』(テレビ朝日系)に出演し、下積み時代の苦労を語った。

「苦労時代の節約下積みメシ」と題して、出演者がオリジナルの節約メニューを紹介するコーナーで、新井アナが作ったのは「ゴマ豆乳担々鍋」。白菜、肉をかなり大きめに切り、キムチを1パックをドサッと入れただけの、まるで〝男飯〟のような大ざっぱな料理だった。

【関連】新井恵理那に“パパ活過去”の疑い!? 情報番組で口が滑った衝撃発言 ほか

今や、すっかり売れっ子になった新井アナだが、「最初の4年は食えたもんじゃなかった」と告白。下積み時については「何のやる気もない頃で、家にずっとダラダラいて、昼に起きて、この鍋を作って、昼、夕方、夜、三食たべてたんですよね」と振り返っていた。

「当時、給料は完全歩合制で月6万円、アルバイトも禁止と思い込んでいたため、他に収入もなかったそうです」(スポーツ紙記者)

母と同居で、築30年の20平方メートルしかない物件に住み、貯金を切り崩しながら生活していたという。

キー局4社の就職試験は全滅

広告の後にも続きます

「青学大在学中の2009年に『ミス青山学院大』のグランプリに選出されたものの、就職活動ではキー局4社を受けて全滅。フジテレビの試験では、最終面接(役員面接)まで残るも不採用だったと明かしています」(同・記者)

その後、かまぼこをデパートで販売する仕事や、パン屋、寿司屋でアルバイトを経験。フリーアナウンサーになってからもくすぶっていたそうだが、『情報7daysニュースキャスター』(TBS系)への出演がきっかけで大ブレークし、今やキー局からも引く手あまたの状況だ。

「古くて狭い物件とはいえ、下積み時代に住んでいた場所は、高級住宅地として知られる東京・港区の西麻布ですからね。いわゆる〝港区女子〟で、あのルックスですから、各局プロデューサーあたりのキャスティング権のある実力者との〝会合〟にも呼ばれてたんじゃないですか」(芸能プロ関係者)

そういう場に、こまめに顔を出すことでチャンスを掴み取ったとすれば、見上げた根性の持ち主だ。

「一般的な〝港区女子〟は、タクシー代を受け取るのは当たり前。中には、飲み会に同席するだけで謝礼が発生する〝ギャラ飲み〟のようなケースもある。まさか新井はやってないと思うけど、いわゆる〝パパ活〟目的で参加する子もたくさんいるよ」(同・関係者)

下積みから這い上がった人間は強い。新井も当面、仕事に困ることはなさそうだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル