top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

地元の旧友との酒盛り。仲間がこぼした「気になる言葉」とは

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、夏目ゆきお氏の小説『濡羽色の朝』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

兆し

安住の地

「ただいま」

声を聞いた優が飛んできて吾郷の腕を引っ張り、リビングに連れてゆく。

「あら、お帰りなさい。ジムにいったんでしょ。お風呂はいいの。あ、でも美南が入ってる」と加奈子が言った。

広告の後にも続きます

「あとでいいよ。未来の名人のお誘いがあるから」と言っている間に、やろやろ、と優が将棋盤を持ってきた。まだ覚えたてだが、すっかりはまったようだ。吾郷は一応二段の腕前なので適当に教えながら相手ができる。「駒落ち」というハンデを与えるが手加減はしない。結局、吾郷が二連勝したところで加奈子から夕食集合がかかった。優は顔を真っ赤にしてまだ指したそうだ。

――そうそう、それぐらい悔しがらないと強くならないぞ。

ほっておいても男の子に育ってゆく優を頼もしく思えた。

夕食はいつものように家族団らんだ。残業や特別な用で遅くならない限り、夕食の団らんには間に合う。東京時代に、平日に子供と食事するのはほぼ皆無だった。たまには吾郷の両親も顔をだし、にぎやかな夕餉(ゆうげ)になる。年収はかなり減ったが、生活費は安上がりで十分補える環境がある。足るを知る。吾郷はこの故郷の町の平穏は永久に続くだろうと思った。

月城の春は東京よりやや遅いが、そのかわり訪れをはっきりと感じる。

「おはようございます」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル