top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

板谷由夏、飲食店のゴミをあさって食べる姿 「夜明けまでバス停で」場面写真

映画スクエア

 10月8日から劇場公開される、高橋伴明監督、板谷由夏主演の映画「夜明けまでバス停で」の、場面写真と特報が公開された。

 場面写真では、板谷由夏演じる主人公が飲食店のゴミをあさって食べるシーンや、三浦貴大演じる居酒屋のマネージャーが大西礼芳演じる店長にパワハラをする様子などが切り取られている。特報では、コロナ禍において危機的状況におかれた1人の女性の社会的孤立が描き出されている。

 「夜明けまでバス停で」は、2020年の冬にホームレスの女性が突然襲われた実際の事件をモチーフに、社会的孤立について描いた作品。昼間はアトリエで自作のアクセサリーを売りながら、夜は焼き鳥屋で住み込みのパートとして働いていた北林三知子は、突然のコロナ禍により、仕事と家を同時に失い、ホームレスとなる。バス停で寝泊まりするホームレスに転落してしまう主人公・三知子役を演じるのは、2005年の「欲望」以来の映画主演となる板谷由夏。「痛くない死に方」の高橋伴明監督が、「今、これを世の中に発信しなければ」という思いを胸に作り上げた。

【作品情報】
夜明けまでバス停で
2022年10月8日(土)より新宿K’s Cinema、池袋シネマ・ロサ他全国順次公開
配給:渋谷プロダクション
©2022「夜が明けるまでバス停で」製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル