top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

夫不在の夜、こっそり男と電話していた女。突然、全てを盗み聞きしていた夫が現れ…

東京カレンダー

夫不在の夜、こっそり男と電話していた女。突然、全てを盗み聞きしていた夫が現れ…

結婚したら、“夫以外の人”に一生ときめいちゃいけないの?

優しい夫と、何不自由ない暮らしを手に入れて、“良き妻”でいようと心がけてきた。

それなのに・・・。

私は一体いつから、“妻であること”に息苦しさを感じるようになったんだろう。

◆これまでのあらすじ

夫の浮気に悩まされる麻由は、カフェの推し店員・圭吾と親しくなる。ある日、圭吾からの久々の連絡に浮かれて部屋で電話していた麻由だが、通話の後、クローゼットから夫が現れ…。

▶前回:朝まで一緒にいようと誘われたが、タクシーで帰った女。その後、前のめりだった彼からの連絡が途絶え…



夫との口論


「麻由。今の誰だよ。誰と電話してたんだよ」

圭吾くんと久々に電話した後。

背後で「バタン」と大きな音がしたので振り向くと、開け放たれたウォークインクローゼットの扉の向こうに、怖い顔をした夫が立っていた。

「浩平。いつからそこに…」

「ついさっきだよ。家に帰ったら麻由がいなかったから、荷物を整理するためにこの中で作業してたんだ。しばらくしたら、帰ってきた麻由が急に男と電話し始めたから、驚いた」

わざとらしく、深々とため息をつく浩平。

― 自分だって、週末ごとに家を空けて遊び歩いているくせに…。

自分のことは棚に上げたような態度の彼を、思わず睨みつける。するとそれが癪に障ったのか、彼は顔をひきつらせた。

「おい、なんだよ。その目は」

「別に。友達と電話してただけだし、やましいことはないんだけど」

私と圭吾くんは、一線を越えたわけても、付き合っているわけでもない。「こそこそするようなことは何もないから、大丈夫」と私は自分に言い聞かせ、堂々と振る舞うことにした。

「ウソだろ。ちょっと、スマホ見せてみろよ。ソコに証拠があるだろ、絶対」

大股歩きで近づいてきた浩平に、半ば無理やりスマホを奪われる。彼はすぐに圭吾くんとのLINEのトークルームを見つけ出し、血走った目でスクロールを始めた。

「やっぱりな。毎日毎日、男とコソコソLINEしてるじゃないか」

夫の言う通り、私と圭吾くんは頻繁にLINEしていたから、トーク履歴は果てしなく遡ることができる。

が、どこまで遡っても、私たちのやりとりの中に決定的な“浮気”を裏付ける会話はない。

― だって、圭吾くんとは一度も“そういう関係”になっていないんだもの。浩平と私は、違うんだから。

私は勝ち誇ったような気分で、夫の横顔を見つめていた。


圭吾との関係を疑われた麻由。ついに、夫に不満をぶつけ…

ひとしきり履歴を確認すると、夫は仏頂面でつぶやいた。

「…ずいぶん、この圭吾ってヤツと仲良くしてるみたいだけど」

「うん。前にも話したでしょう、大学のゼミの後輩なの。最近、時々ゴハンに行くようになってね」

私の返答に、浩平は不服そうな顔をする。

「この頻度で連絡取ってメシ行ってって、普通なくない?相手の男、下心とかあるんじゃないの?」

― 下心って…。浩平にだけは、言われたくない。

相変わらず自分のことは棚に上げ続ける浩平。

私はついに、耐えかねて大きな声を上げた。

「ねえ。そんなこと、あなたが言える立場なの?」



浩平が、驚いたように目を見開く。

私が自分に口答えをするのが、心底意外だったようだ。

「あなたが平日ほとんど家に帰らず、週末もどこで何をしているかわからない状況に、私はずっと耐えてきたんだから」

「麻由…」

「家に全然寄りつかないくせに、たまに帰ってくる日はいつにもまして家事のクオリティーにうるさいし。私、あなたの家政婦じゃないんだけど。

それにあなたのお母さんも、どうかと思うわよ。会うたびに、二言目には『孫、孫』って。ハラスメントじゃないの、そういうの」

一度話始めると、今まで我慢していた不満がどんどんあふれていく。

目の前の浩平が、ゴクリと息をのんだ。

さっきまでの挑戦的な眼差しはどこへやら、今は困惑したような目で私を見つめ、何も言葉を発してこない。

「あなたと結婚した日、私は『ちゃんとした妻・嫁であろう』って強く心に決めたの。30歳手前で焦ってる時期に、私を選んでプロポーズしてくれたあなたへの感謝があったから」

「それは俺も、思ってる。麻由にはいつも、感謝してるよ…」

私の言葉のトーンが変わったことに安心したのか、妙に熱い口調で浩平は語り、私の手を取ってきた。

が、私はそれをピシャリとはねのける。

「今までは、あなたへの感謝があったから…相応の振る舞いを心掛けてきたし、理不尽な状況にも耐えてきた。

でもね浩平、わかってる?

私、あなたと離婚することなんて、いつでもできるんだよ?仕事も貯金もあるし、その気になれば実家にも帰れるもの」

ハッとしたような顔をする浩平。

― この人、本当に『何をやっても嫁は俺から離れていかない』って思ってたのね…。

一体どうしたらそこまでの自信が湧くようになるのだろうかと、呆れてくる。あのクセの強い母親に甘やかされて育てられたら、こんなふうに育つのだろうか。

「ごめん、麻由。俺…君をすごく、ぞんざいに扱って、傷つけていた」



観念したように、浩平は肩を落とす。

「気づいていると思うけど、俺には外に会っている女性がいる。でも、彼女とはもう会わないよ。麻由を傷つけるようなことはもうしないから…もう一度、チャンスをくれないか」

先ほどまでの様子と比べて、浩平は、今やすっかり小さく見える。

背中を丸めて、眉を下げ…全身で「反省しています」と言っているかのような態度だ。

思えば出会ってから今まで、浩平はいつだって自信に満ちていた。

物腰はやわらかいが、口調はいつも断定的で他者に隙を見せず、常に「自分が一番正しい」と信じている――そんな人だった。

その浩平が今、初めて私に頭を下げて、謝ってきている。

「…許すのは、今回だけだよ。次やったら、離婚だからね」

ゆっくりと、低い声で彼に告げる。

― もう一度だけ…歩み寄ってみよう。

私たちは夫婦なのだから、と…。自分に言い聞かせた。


浩平との再構築を決意する麻由だが…




2ヶ月後


「じゃあ、行ってきます」

「いってらっしゃい。今日は何時ごろになるの?」

「ああ、20時くらいには帰れるかな。メシは俺がつくるよ」

朝7時、玄関先での会話。

はた目から見ればいつもと同じような光景だ。

けれど、実際のところ…。お互いがまとう空気も、会話の内容も。

以前と比べると、かなり変化していることを感じる。

― まだ、お互いに探り探りではあるけどね…。

浩平を見送ってから、コーヒーを飲んで一息つく。

今日は平日だが、たまたま私は有給を取っているので、このあとの時間はゆっくりできる。朝食をとりながら、ここ最近の浩平との関係を振り返った。

彼に不満をぶつけてから2ヶ月。

「離婚されるリスクがある」と気づいたことによって、浩平の態度はかなり変わった。

約束通り浮気相手とは手を切ったのか、外泊はパタリとなくなり、本当に残業している日以外は早く帰ってくるようになった。

驚いたのは、時々、簡単な食事をつくってくれるようになったことだ。

他にも、お風呂掃除や洗濯など、今まで一切してこなかった家事を、少しずつ手伝ってくれるようになった。

そのことで、私が感じていたストレスの大部分はなくなった。

― 最近はイベントごとも落ち着いているからか、お義母さんにも会ってないし。

一時期は旅行や誕生日と行事が続いたので、ほぼ毎月のように義母と顔を合わせていたが、最近はそれもなくなり、しばらく会っていない。

どうやら、義母の方は私たちの世話を焼きたがっているようだが、浩平が何かと言い訳をつけて断っている様子なのだ。



そんな浩平の様子を見て…私も私で、変わることを決めた。

圭吾くんと連絡を取ることをやめたのだ。

結局、スープカレーを食べに行く約束も断ったから…2ヶ月前に彼と連絡したのが、最後のやりとりとなった。

あれほど夫の行いにストレスをため、傷ついていたのに。

ひとたび浩平が改心して、夫婦生活が少しずつ良い方向に回り始めると、「私の居場所はこっちだ」と徐々に思うようになったのだ。

― もともと、ただ推してただけで、別に付き合おうと思っていたわけじゃないしね。

圭吾くんとの楽しかった日々を思い返すと、ほんの少し胸が痛むけれど。

少し寂しい気持ちがありつつ、どこか「これでよかったのだ」と安心している自分がいる。



― ピンポーン。

不意にインターホンの音が鳴り、ハッと我に返る。

時計は、まだ朝8時を回る前だ。

― 何か通販で頼んだっけ?それにしたって、朝早すぎるけど。

こんな時間に配達が来ることなんてそうないから、首をかしげつつ、モニターの通話ボタンを押して「はい」と返事をする。

そこには、1人の女性が立っていた。

「おはようございます。麻由さん、でしょうか?」

「はい…そうですが?どなたでしょうか?」

モニター越しなので見づらいが、女性は30代後半から40代くらいの年齢に見えた。見る限り、少なくともマンションの両隣の部屋の住人ではない。

他の部屋の人だろうか、と思った瞬間。

彼女が発した信じられない言葉に、私は凍り付いたのだった。


▶前回:朝まで一緒にいようと誘われたが、タクシーで帰った女。その後、前のめりだった彼からの連絡が途絶え…

▶1話目はこちら:結婚3年目の三鷹在住32歳女が、夫に秘密で通う“ある場所”とは

▶Next:8月6日 土曜更新予定
玄関先に立っていた人物の正体は…


TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル