top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本人が陥りがちなバーツマジックとは【タイ】

ワウネタ海外生活


一部の在住日本人のあいだで使われる言葉として、「バーツマジック」なるものがあります。
これは、日本円に換算すると高いと感じるのに、タイの通貨であるバーツ表示だと安く感じて、つい買ってしまうという現象を言います。

現在の為替レートは1バーツ=約3.8円。
たとえば30バーツという表示であれば、約114円なのですが、つい30円のような気持ちになって買ってしまうのです。

理由としては、バーツの方が通貨の桁数が小さいため、安く感じやすいという点が1つ。
もう1つは、以前はタイと日本の物価の差が大きかったので、そのイメージが残っているためではないかと思います。

実際には、タイも経済成長により年々物価が上がっており、ものによっては日本と同じ、むしろタイの方が高いものもあります。
さらに今年に入ってからは円安が進んでいるため、ますます割安感は薄れているのが現実。

長くタイに住むとこのマジックにかからなくなるかと言えばそうでもなく、「何年経ってもバーツマジックにかかってしまう」という声をよく聞きます。
筆者もその1人です。

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル