top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

光石研「六本木クラス」→「純愛ディソナンス」で視聴者困惑の“豹変”「落差すごい」「感情追い付かない」

モデルプレス

×
【モデルプレス=2022/07/29】俳優の光石研が、テレビ朝日系木曜ドラマ「六本木クラス」(毎週木曜よる9時~)とフジテレビ系木曜劇場「純愛ディソナンス」(毎週木曜よる10時~)に出演中。対照的なキャラクターを演じ光石に反響の声が集まっている。

光石研(C)モデルプレス
◆光石研、2つのドラマで対照的な役を演じ切る

俳優の竹内涼真が主演を務める「六本木クラス」内で光石は、男手ひとつで宮部新(竹内涼真)を育てる宮部信二を演じている。児童養護施設で育った楠木優香(新木優子)のことも娘のように可愛がり、非常に心優しく正義感に溢れた役父親役だ。

一方で、Hey! Say! JUMPの中島裕翔が主演を務める「純愛ディソナンス」内で光石は、新田愛菜美(比嘉愛未)の父で不動産会社・モノリスエステートの社長の碓井賢治を演じている。第三話では、賢治が息子の碓井北都(和田正人)に笑顔でピッチャーに入った水を大量にかけるシーンもあり、非情な役となっている。

「六本木クラス」と「純愛ディソナンス」は木曜よる9時・木曜よる10時と連続した時間に放送されており、“名バイプレイヤー”光石の一時間での豹変ぶりに注目が集まっている。

◆対照的なキャラクターに反響の声

光石研 (C)モデルプレス
2つのキャラクターを演じ分ける光石に対し、視聴者からは「落差がすごすぎる」「感情追いつかないです光石さん!!」「善と悪を演じ切ってるのすごい」といった声が多数寄せられている。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日・フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル