top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「CREATIVE X AWARD 2022 supported by Western Digital」 結果発表

FINEPLAY

CREATIVE X AWARD2022 実行委員会(フュールメディア株式会社、株式会社ZETA、NOBORDER.z FZE、株式会社電通)はウエスタンデジタル合同会社協賛のもと、アクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化したクリエイターを対象としたクリエイティブアワード、「CREATIVE X AWARD 2022 supported by Western Digital」を開催した。

映像部門、写真部門、NFT部門の3部門にて、2022年4月28日から6月30日まで各作品が募集された。応募数の合計は、118作品の応募があり、それぞれのSTYLEを表現した選りすぐりの作品が集められた。

今回、審査員による厳正なる審査を経て「CREATIVE X AWARD 2022 supported by Western Digital」の受賞作品を発表します。

受賞者:「伊藤 剛 」
競技:「フリースタイルスキー」
被写体:「大池拓磨 」

受賞者:「ゆうた」
競技:「BMX」
被写体:「池田貴広 」

広告の後にも続きます

受賞者:「写樂-Sharaku- 」
競技:「スケートボード, ストリートダンス, ダブルダッチ, パルクール, フリースタイルフットボール/フリースタイルバスケ/トリッキング 」
被写体:「YUSUKE HIGA / RIKU / Taka Sakurai / maekon /Tomoya / Nosuke / ikkyon / Futa / Kenty / shu 」

受賞者:「三橋亮太, 岩本 晃一, 長谷川 悠太 」
競技:「スケートボード」
被写体:「岩本 晃一 」

受賞者:「ヤツキナツミ / Yatsuki Natsumi」
競技:「スケートボード」
被写体:「特定のモデル・被写体はいません。」

受賞者:「菅谷 佑之介」
競技:「スノーボード」
被写体:「菅谷 佑之介」

審査委員長 梶野仁司 コメント

この度は「Creative X Award 2022」にたくさんの応募をいただきありがとうございました。多くの次世代を担うクリエイターたちの作品は三者三様で、審査員共々、評価にも熱が入りました。
アクションスポーツ、アーバンスポーツの持つ表現力は近年とても豊かになり、また手軽に撮影できる環境も整い、クリエイターの持つ可能性は大きく伸びていると思います。僕自身、このアワードを今後、若手クリエイターの成長の場としてもっと高めていきたいという思いは強く、定期的な開催となるよう我々ももう少しアイデアを出し、いずれは世界に通用するアワードに育てていきたいと思います。
今回受賞された方々の作品は、クオリティも一定基準を満たすものであり、また他の作品より出演者とのコミュニケーションや、着眼点も秀でていた結果だと思います。惜しくも受賞を逃された皆さんも、今回だけでなく、またこのアワードに向けて新たな制作に挑んでほしいと思います。
またいろんなスタイルの作品に出会えるのを楽しみにしています。

審査委員長 梶野仁司

審査委員

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル