top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「もったいないバナナ」がファミマのジュースに!フードロス削減もできて美味しさそのまま。

東京バーゲンマニア

ファミリーマートは、バナナの生産や商品化の段階で“規格外”となったバナナを使用したドリンク「ごろごろ果肉バナナミルク」を、2022年8月2日から順次、全国の店舗で発売します。

飲料におけるフードロス削減の取り組みは、ファミリーマートでは初めての試みです。

おいしさそのまま

「ごろごろ果肉バナナミルク」には、2つの規格外となったバナナを使用しています。

広告の後にも続きます

ひとつがファミマのプライベートブランド「ファミマルKITCHEN」の商品「Highlandバナナ」の規格外品。もうひとつは、ドール社の廃棄バナナを削減するSDGs活動「もったいないバナナ」プロジェクトを通じて提供された「もったいないバナナ」です。

バナナ果肉にはドールの「もったいないバナナ」を、バナナピューレーにはファミマの「Highlandバナナ」の規格外バナナをそれぞれ使用しています。

いずれもフィリピンの高地で育てられたという高地栽培バナナで、甘さとコクがぎっしり詰まっているのが特長です。

規格外でも、通常品と同等の品質が保証されており、美味しさは変わりません。ドリンクにしてしまえば、見た目も気にならなくて良いですね。おいしくフードロス削減につながるのはうれしいです。

価格は258円。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル