top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「富士山が見たかった」お寺で仏様の頭上に登った少年の言い分

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、藤田慶喜氏の書籍『共生感謝録』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】兵隊ごっこをしていると…「やめなさい。戦争は終わったから」

第1章 子供の頃

3 福岡県柳川へ疎開

疎開先は福岡県山門郡城内村であった。今は柳川市になっている。先祖代々の墓がある福厳寺に一家七人が移った。そこは藤田家の遠い先祖からの菩提寺であった。大きな本堂、納屋、庫裏、大松のある境内などを備えた格式の高い寺で、その裏が広大な墓地になっていた。我々一家は本堂の脇の書院を借りて住んだ。

城内小学校では国語の時間になると、全員の前で教科書を読ませられる。そして一行ごとに筆者が読むと皆が真似をして大きな声を上げて読む。多分東京から来たので標準語のアクセントが良かったのであろう。そんな役割をしていたので、一応みんなの信頼を得ていた。新参者でも殴られなくて済んだ。

広告の後にも続きます

校庭には大きなすべり台があって、休み時間にはよく遊んだ。筆者の周りには東京の話を聞きにいつも何人かが集まっていた。その中のひとりが僕に尋ねた。

「富士山ってどんな山? 東京から見えるの? このすべり台から見えるかしら」

「いや白井君、それは無理だよ」

「それでは福厳寺の上からはどうだ」

「分からない。今僕は福厳寺に居るから、いつか見てみるよ」

それから数日後、寺の瓦職人の目を盗んで大きな梯子を使って登ってみた。見ると小学校にまだ通っていない弟(六歳)が後ろから登ってくるではないか。約四十メートル下の境内が小さく見える。そこには福厳寺の僧正様の心配そうな顔が見えた。どこを見ても富士山は見えなかった。仏様の頭上に登ったことで、大目玉を食らった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル