top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

感動!タクシー運転手の父が「二階建ての家」を買った理由

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、居酒屋秋田や代表・秋田谷 悟氏の書籍『居酒屋秋田や奮闘記 人生の出会いに感謝』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】「小さな幸せに関わりたい」大手メーカーから居酒屋稼業へ!

生い立ち

父親は函館市石崎町で五人兄弟の三番目として漁師の家に生まれました。函館市街中心部から車で海沿いを東へ一時間くらい行ったところにある昆布漁が盛んな漁師町です。石崎町の中学校を卒業し漁師になったものの船酔いで長続きせず、すぐに漁師を断念したそうです。

父親は結構繊細でデリケートでしたので船酔いしたということは何となく分かるような気もしました。そりゃ船酔いする漁師なんて聞いたことがないですよね。

約一年くらい船酔いにも我慢しながら漁の手伝いをした後、海ではなく陸に上がり、地元のトラック運送会社に就職したそうです。中学出たてですから就職というよりは下っ端として雑用手伝いと家で昆布干し等の手伝いをしていたようです。

広告の後にも続きます

そのうち運転免許を取得してからはトラック運転手となり、それなりに収入も安定し仕事も覚えていったのでしょう。その後、函館市内のタクシー会社に就職しました。その当時函館は外洋漁業で賑わい、北海道の玄関として景気も良くタクシーは結構収入も良かったみたいです。

昔の若い頃の写真を見るとかなりの男前で、もてただろうと思われる風貌。そこは残念ながら私は全く似なかったようです(全くです! ふ~っ)。

田舎の漁師町から函館に出てきて、それなりにお金も入ればいろいろと誘惑もありそれなりに遊んでたんでしょう。結構賭け事もしたようですが、船酔いする体質と言いましたが、お酒は全く体質的に受け付けなかったので飲む打つ買うの三拍子揃わなかったのが良かったんだと思います。ちなみに私はお酒は大学時代にかなり鍛えられ、なぜか居酒屋稼業をすることになった訳です。そこら辺は後程ゆっくりと。

タクシー運転手となり収入も安定し結婚もして、すぐに私が生まれました。その後一年おきに女、男と子供にも恵まれ仕事にも一生懸命に頑張ったんだろうと思います。それなりに収入はあったんでしょうが、子供三人ですから、貧乏でした。

私が生まれた頃は白壁のちっちゃな倉庫に住んでいました。今回の函館訪問で本籍地である白壁のちっちゃな倉庫で結婚生活が始まったのを初めて知った訳です。多分函館に出て来て結婚してからの仮住まいだったんだろうと思います。

その後、桜でも有名な函館の観光名所の五稜郭公園近くの平屋一軒家に移りましたがボロ小屋でした。冬は朝起きるとすきま風で枕元に小雪が積もってたのを覚えています。一応お風呂はあったものの後から簡易的に作ったお風呂です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル