top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

12時間進んで3日若返る穴 穴に入りたい衝動を抑えられない妻 映画「地下室のヘンな穴」予告

映画スクエア

 9月2日より劇場公開される、第72回ベルリン国際映画祭に正式出品された、カンタン・デュピュー監督最新作「地下室のヘンな穴」の、本予告が公開された。

 本予告は、「新居の地下には謎の穴がありました」という意味深なナレーションで始まる。不動産屋から「この家は人生が変わる」と案内されたフランス人中年夫婦のアランとマリーは、地下室にぽっかり空いた穴に入ると「12時間進んで3日若返る」と説明される。不思議な”セールスポイント”を聞いた妻は、穴に入りたい衝動を抑えられず、「無性に気になるの」と穴のフタを開けてしまう。

 「地下室のヘンな穴」は、”12時間進んで、3日若返る穴”をめぐる奇妙な物語。監督は“フランスのスパイク・ジョーンズ”とも称されるというカンタン・デュピュー。殺人タイヤの「ラバー」、鹿革男の狂気「ディアスキン 鹿革の殺人鬼」などの異色作で知られる監督だ。そんなデュピュー監督が、不思議なパワーを持った穴によって、平凡な夫婦が胸の奥底に封印していた欲望や衝動が呼び覚まされていくさまを描く。さらに、若さと老い、男女の性(ジェンダー/セックス)をめぐる風刺も盛り込まれている。

【作品情報】
地下室のヘンな穴
2022年9月2日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他 全国公開
配給:ロングライド
© ATELIER DE PRODUCTION – ARTE FRANCE CINÉMA – VERSUS PRODUCTION – 2022

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル