top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

暴君コーチ・髙嶋政宏 練習休んだ野球部員にビンタも、仲間を思う大切さを伝える 「野球部に花束を」予告

映画スクエア

 8月11日より劇場公開される、クロマツテツロウの同名コミックの映画化作「野球部に花束を」から、本編映像の一部が公開された。

 中学時代にやっていた野球を捨て、茶髪で高校デビューを果たした黒田(醍醐虎汰朗)だったが、クラスメイトたちと一緒に野球部の見学に行ったが最後、結局高校でも入部することになり、理不尽で不条理な地獄の野球部生活が始まる。

 映像は、無断で3日間部活を休んだ桧垣(黒羽麻璃央)と、桧垣をかばって適当な理由を原田監督(髙嶋政宏)に説明していた黒田(醍醐虎汰朗)が、職員室に呼び出されるシーン。ウソをついた黒田にスリッパをぶん投げ、無断欠席をした桧垣にはビンタをする監督。だが、思わず固まる黒田たちと肩を組んだ監督は、桧垣に「仲間にこんなくだらないウソつかせるなよ」と告げる。そして、すかさず監督に謝る桧垣に「バカ野郎、相手が違う!」と喝を入れるのだった。やり方は乱暴だが、仲間同士思い合うことの大切さを部員に叩き込む原田監督の姿が切り取られている。

 「野球部に花束を」は、高校球児たちの日常を描く、”思春期あるある”満載の青春コメディ。中学時代の野球部生活に別れを告げ、高校生活に期待をふくらませて入学式を迎えた主人公の黒田鉄平たち。野球部の優しい先輩たちに勧誘され、入部することを決めた彼らだったが、仮入部が終わり、いよいよ本入部となった瞬間、先輩たちの態度が豹変する。主人公の黒田鉄平を演じるのは、醍醐虎汰朗。チームメイトの桧垣主圭役を黒羽麻璃央が、コンプライアンス全無視の野球部の原田監督役を髙嶋政宏が務める。監督・脚本は、「荒川アンダーザブリッジ」「虹色デイズ」などの飯塚健。

【作品情報】
野球部に花束を
2022年8月11日(木・祝) 全国ロードショー
配給:日活
©2022「野球部に花束を」製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル