top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

無言で差し出されたAirPods。言われるがまま耳に入れると、とんでもない録音が…

東京カレンダー

無言で差し出されたAirPods。言われるがまま耳に入れると、とんでもない録音が…

「あんなに優しかったのに、一体どうして?」

交際4年目の彼氏に突然浮気された、高野瀬 柚(28)。

失意の底に沈んだ彼女には、ある切り札があった。

彼女の親友は、誰もが振り向くようなイケメンなのだ。

「お願い。あなたの魅力で、あの女を落としてきてくれない?」

“どうしても彼氏を取り戻したい”柚の願いは、叶うのか――。

◆これまでのあらすじ
「慰謝料を請求する」という秀和の言葉に、ついに賢也に制裁が下ると期待していた柚。しかし数日後、秀和から「穂乃果の妊娠が発覚した」という意外な連絡を受ける。

▶前回:彼のスマホに、パレスホテルの結婚式プランが…。女が顔をこわばらせた理由とは?



「穂乃果が妊娠した」という、秀和からの連絡。そのメールの文面には、諦念がにじんでいる。

『もし自分との子ではないにしても、私は彼女に一切精神的な負担をかけたくないのです。だから、探偵とか訴えるとかの話は、一旦なかったことにさせてください』

柚は、スマホを握りしめながらひとり首をかしげた。

― どうしてそこまで穂乃果さんに優しくするの?お腹にいるのは、賢也との子かもしれないというのに。

理解がありすぎる秀和の態度が、もどかしくてたまらない。

しかし秀和は、その態度の理由を明かすかのように、メールの後半にこうつづっている。

『実は彼女、ずっと子どもがほしいって言っていたんです。でもなかなか叶わなかった。それがついに叶ったんです。それもあって今はとにかく妻をケアしたい』

― ようやく賢也が痛い目を見る寸前まで行ったのに!

ここのところの柚は、賢也が訴えられる日が来るのをモチベーションに生きていたようなもの。

だから、歯がゆくて仕方ないのだった。



柚はさっそくその夜、渋谷の『オルトーキョー』に創を呼び出し、穂乃果の妊娠について声をひそめながら伝える。

「え、穂乃果が妊娠?」

創は、タコスを口に運びながら、ポカンとした表情で言った。


「そう。妊娠」

「そりゃまた、急な話だね」

「うん。秀和さんは、賢也との子である可能性も考えてる。なのに穂乃果さんに負担をかけたくないから、2人を訴えるのは一旦やめにするって」

ビールの泡を見つめながら、柚は想像を巡らせる。

一緒に温泉旅行に行き、熱々のツーショットを自撮りしていたくらいなのだ。穂乃果がこのタイミングで妊娠したとしたら、賢也との子である可能性の方が高そうではないか。

「ねえ、どう思う?」

あまり興味を示してくれない創に感想を促すと、創は真面目な表情で口を開く。

「んー…。旦那さんの判断は、大人として立派だね。健康に産むことが最優先なのは間違いない」

柚は、もどかしい気持ちに共感してくれない創に不満を抱きながら、ビールをあおった。

「でもさ、これって賢也の大きな責任問題になるんじゃない?やっぱり賢也との子の可能性が高いと思うし。穂乃果さん、賢也には相談したのかな」

「まあ、賢也との子ならたしかに責任は重大だけど。…でも俺は、賢也との子だとは思わないな」

「どうして?」

柚は目を丸くしながら、顔をしかめる。

「賢也が相手である可能性は存分にあるわ。だって賢也と穂乃果さんは、かなりの頻度で会ってるんだし…」

「じゃなくてさ、そもそも怪しいと思わない?探偵つけられたタイミングで、妊娠が発覚するって」



「たぶん、穂乃果は探偵には気づいているんじゃないかな?」

「いや、知らないはずよ。隠してるって秀和さんが言ってた」

「どうかな?」

創は、真顔で言う。

「どういうこと…?」

柚は思考停止してしまい、創の整った顔をただ見つめる。

「俺が、暴いてみようか?」

それまで興味がなさそうだった創は、急に生き生きした表情でそう言った。





創から「聞いてほしいモノがある」と連絡が入ったのは、その翌日のことだった。

一体なんのことだろうかと思い、ヒカリエのスターバックスへと向かう。

テーブルにつくと、創は笑顔でAirPodsをひとつ差し出してきた。

「なに?」

「いいから、これ聞いて」

言われるがまま耳に入れると、創は自分のスマホからある「音源」を流し始めたのだ。

音源の背景には、カチャカチャとした飲食店らしい雑音が流れている。どこかのカフェかレストランだろう──。

『あ、穂乃果。こっち』

そんな創の声で、音声は始まっている。

『…創?久しぶりじゃない。急に呼び出してどうしたの?』

穂乃果の、様子を伺うような怯えた声だ。


柚は、録音に全神経を集中させる──。

『どうしたのじゃないよ。穂乃果って既婚者だったんだね。俺に嘘ついてたわけ?』

『え…。ごめんなさい。どうしてわかったの?』

『どうしてだと思う?』

創が逆質問をすると、穂乃果はあっさりと『探偵?』と言った。

― あれ…探偵をつけられてること、穂乃果さんは知ってたんだわ!

柚は口を手で覆いながら、耳をすませる。

『そう。探偵。穂乃果に付いてたよね。旦那さんがつけたんだろ?』

『ごめんなさい…。探偵のことは、最近知ったの。でも創とはしばらく会ってなかったのに。どうしてバレたんだろう』

『まあ、それ自体はいいんだ。俺が今日穂乃果に言いたかったのは、探偵沙汰になったことについてのクレームじゃない』

『…じゃあ、何が言いたくて呼んだの?』



『もっと頼ってくれればよかったのにってことだよ』

『…え?』

『だって俺のせいで探偵をつけられて、旦那さんと離婚するきっかけになったら。だったらもちろん俺、けじめをつけるのに』

『……』

『穂乃果は、旦那さんのほかに頼れる男はいないんだよね?』

穂乃果は、しばらく考えてから言う。

『いないわ、そんなの』

『なら俺が守ってあげる。だって穂乃果、離婚したらひとりでやっていけないでしょ』

『…やっていけない。助けてくれるの?』

穂乃果のすがるような表情が、音声から思い起こされる。

― 穂乃果さん、創に口説かれた途端にコロッといった…。賢也のことなんてすっかり二の次だ。

穂乃果の変わり身の速さに驚きながら、音源を聞く。

『でも俺、ひとつ確認しておきたいんだ。穂乃果さ、妊娠してるの?』

『…』

穂乃果はしばらく沈黙してから、『それ誰から聞いたの?』と言った。

『…あ、ホントなんだ?妊娠したの?』

『…いいえ。してない』



穂乃果は淡々と言う。

『実は私、旦那が怒り出すのが怖くって、優しくしてもらうためにとっさに嘘ついちゃったの。でも妊娠なんてしてない。だって、旦那とはろくにしてないんだ』

穂乃果は、クスクスと笑い声を混じらせながら、幸せそうな声色になる。

『あぁ、まさか創が戻ってきてくれるとは思わなかった。ずっと連絡も返ってこなかったし、もう私のことなんてどうでもよくなったとばかり…』

『ああ、ごめん。忙しかったんだよ最近。ついこの前まで、イタリアにいたし』

『そうなのね…。ねえ、本当にこれから私を守ってくれる?』

『うん』

念を押す穂乃果に、創はとても優しい声でそう言った。

そして穂乃果が、幸せに満ちた様子で笑う。

── そこで、音声が終わった。

柚はAirPodsを外し、唖然としながら顔をあげる。

「つまり…妊娠はウソだって、穂乃果さんが言ったのね?」

「そう。怒られるのが怖くって、旦那にウソをついただけだって」

言葉も出ない。

「しかも穂乃果さん、創に一瞬で心が戻ってるじゃない…」

結局穂乃果は、賢也をただの乗り換え先としてしか考えていなかったのだ。

柚は、賢也に対して憐れみのようなものを感じた。


▶前回:彼のスマホに、パレスホテルの結婚式プランが…。女が顔をこわばらせた理由とは?

▶1話目はこちら:「あの女を、誘惑して…」彼氏の浮気現場を目的した女が、男友達にしたありえない依頼

▶Next:8月5日 金曜更新予定
妊娠はウソ。その真実を秀和に伝えると…


TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル